P/L:鉄心君。

今日の鉄心君のレッスンは、アテンションの反応を活用した呼び戻しの基礎トレーニングやお散歩の際の基本的なスタイルの確認などです。

アテンションに対しての反応は、レッスンのたびに少しずつ改善されてきています。性質的に自立心が強く、現在の多頭での生活の中でも飼い主さんとの1対1の時間よりも同居犬との関わりあいの方が強くなり、飼い主さん側とのコンタクトに多少の不安がります。出来る限り積極的に時間を作れるようにしていきましょう。ただ、成長と共に色々な変化も見られてきていますので現状の鉄心君の状況に落胆せずに1つずつ教えて、教える上で関係性を深めていくように考えて下さい。

呼び戻しに関しては、まずはコマンドへの反応を評価する事がとても重要です。飼い主さんの元へ戻ってから誉めるのではなく、向っている行動をタイミング良く誉めましょう。

最初の段階では、戻ってきたことだけで誉めて報酬を与えますが、極力、飼い主さんの直近まで呼び寄せる事が大切です。イヤイヤ戻るのではなく、楽しく飛んで戻ってくるくらいの嬉々とした呼び戻しにして下さい。コマンドへの反応速度も実行速度も、この喜求行動が基礎となります。この動きができるようになったら、飼い主さんの直近にお座りが出来るようにステップアップしていきます。

お散歩はアスファルトの上であれば安定していますが、芝生の上では既に臭い嗅ぎへの頻度が高くなっています。モチベーターへの意欲を高めながら、シュチエーションの変化にも対応できるお散歩の基礎を作っていきましょう。

今後は、まずは自宅で「伏せ」のコマンドのトレーニングをしてみて下さい。モチベーターに対しての意識は、他の犬の動きを観察させて観察学習なども取り入れながら進めると意欲の維持が出来るようです。また、他の犬との遊びも上手ですが、そろそろ飼い主さんからの許可制を少しずつ導入して飼い主さん自身の存在感も強めていきましょう。


関連記事

  1. P/L:トナ君

  2. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  3. P/L:鉄心君。

  4. P/L:トナ君。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. with sarada 140th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031