P/L:ミクちゃん。

今朝のミクちゃんのレッスンは、お散歩トレーニングを中心にした他の犬とのすれ違いと、基本的なコマンドのトレーニングや現状の確認と改善点などのレクチャーと実践トレーニングです。

いつものお散歩コースでも顔見知りの犬も増え、環境にも馴れた事と飼い主さんの日々の努力で、以前よりも興奮せずに待てたり、すれ違う事もできるようになっています。特に、距離間が縮まっていますので今後も焦らずに進めていきましょう。また犬にも相性がありますので、顔見知りの犬の中にも、相性が合わない犬が居ても当然です。すべての犬にフレンドリーを求めても逆にストレスになりますので落ち着いてやり過ごせる事ができるように考えていきましょう。

ただ、飼い主さんの気持ちが先行してしまい、ミクちゃんにコマンドの実行を求める事の方が強くなり、その評価ができていませんので、心からシッカリと誉める事ができるようにしていきましょう。誉める事も禁止のコマンドを意思表示する際も、飼い主さんの気持ちが伝わると、必ずアイコンタクトになります。

横断歩道などで行っている「ツケ」のコマンドも、飼い主さんとしては必ず行う事を習慣にしており、ルールとしては正しいですが、その実行のさせ方を、もう少しミクちゃんの自発性を観察できるような心の余裕が必要です。

報酬を与えるタイミングや、飼い主さんの手の動きや身体の動きなど、ミクちゃんに見透かされていますので、「ツケ」をしているようでしたが、実は意識は、既に前方の犬に向いていたり、自主解除で前へ進んだりする事もあります。ミクちゃんに先を読まれないように解除のコマンドまでを集中させられるようにする事もお散歩の中でのコマンドのトレーニングでは大切ですし、時々、横断歩道の前を止まらずに飼い主さんが通過しようとした時に、ミクちゃんが自らとどまり座るような行動が表れてくるとミクちゃんの理解が深まった証拠になりますので、考え方を柔軟にして観察力を高めましょう。

「待て」で飼い主さんが離れてもシッカリと待てるようにもなっていますし、メンタルのの成長も見られます。環境刺激を変えたり、新しい経験をさせながら、更に良い関係の構築を目指していきましょう。


関連記事

  1. P/L:ブルース君。

  2. with sarada Lodging training in MON…

  3. P/L:いちごちゃん。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:オペラちゃん。

  7. P/L:玄武君。

  8. P/L:メアリーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30