P/L:ミクちゃん。

少しレッスン期間が空いてしまったミクちゃんですが、前回よりも少し体重も増えて愛情を沢山もらえている表情になってきています。他の犬に対しての反応に関しては、まだ強く反応する場合と有効的にコミュニケーションをとれる場合との判断が、飼い主さんにできていないことで、全体的に抑制が強くなっていますので状況判断も必要です。

無理に通過しながらコントロールをするよりも、一旦座らせて待たせておく事も飼い主さんの心の準備や誉めるタイミングにも良い結果をもたらします。挨拶ができるお散歩仲間も増えているようですので無理の無いようにコミュニケーションの時間を作りながら課題の克服につなげていきましょう。

以前は、環境への馴致が進まずに「待て」で飼い主さんが離れることができなかったミクちゃんですが、シッカリと飼い主さんのコマンドを理解して待ち続ける事ができるようになっています。今後は、「伏せ」の強化や環境刺激が加わっても待てるようにステップアップしていきましょう。

また横断歩道での一旦停止の際には「待て」「座れ」で待たせていましたが、今日のレッスンで「つけ」のコマンドの導入トレーニングをしたところ、理解力のあるミクちゃんは、すぐにポジションを覚えましたので、今後は「つけ」で横断歩道などでは待たせるようにしましょう。

このポジションで報酬を与える場合には、飼い主さんの左足の腿のあたりから与えるようにして下さい。正面やアテンションの際の報酬の与える与え方とは違いますので混乱をしないようにして下さい。特にアテンションの際の与え方は、安易に与えると手を見るようになりますので注意が必要です。


関連記事

  1. P/L:獅子君。

  2. P/L:タンゴ君。

  3. P/L:ウィル君。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:ハル君

  6. P/L:ぼたんちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. ノーズワークグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031