P/L:獅子君。

今日の獅子君のレッスンは、お散歩トレーニングと最近の成長や変化に対する対応と課題についてのレクチャーと実践トレーニングです。

クリックをすると大きな画像でご覧になれます。

お散歩に関しては、もうすぐ5ヶ月を迎える事もあり、今までの怖がりな気持ちよりも様々なモノに対しての好奇心も増えたり、臭いに対しての興味も強くなったことで引く力も強くなってきているようです。パピー期の、怖いモノが沢山あって尻尾が下がって挙動不審になる動きとは違い、一気に引っ張ったりする反応も出てきますので注意していきましょう。獅子君が、前を歩いていてもリードに余裕があるお散歩ができるようにトレーニングをする必要がありますので、指示を出すタイミングなどを見直していきましょう。

第三者に対しての馴致トレーニングとしてオヤツを貰うなどのトレーニングに関しては、あまり積極的に第三者が、オヤツを素早く差し出す行為は、獅子君にとっては、逆効果です。獅子君が、興味を持って第三者に近づいていくように仕向けながら第三者の手に飼い主さんが手を添えた状態をキープしてオヤツを与えるようにして下さい。また、この際の誉め言葉も、あまり甲高い声や大きな声で誉めるのではなく、優しく誉めて獅子君の緊張をほぐせるようにしてあげる事が重要なポイントです。獅子君の場合は、女性も少し警戒心がありますので、男性の場合は、更に慎重に行いましょう。ですから、馴致トレーニングとは言え一定の時間を費やして丁寧に行うことをお薦めします。

いつもの広場でのボール投げなども、活発に動けるようになっているようですが、「持って来い」などの高度なコマンド以外にも基礎となる「座れ」「伏せ」や「待て」「おいで」のコマンドが、屋外でスムーズにできるようにしていきましょう。その為には、飼い主さんがコマンドを出したら必ず実行させる事が大切です。実行できなそうな場所では、コマンドを無理に出さないことは大切ですが、成長と共に自我が目覚めて、屋外では飼い主さんからのコマンドを無視する傾向も見られます。不服従を放置してしまうと、益々従う気持ちが薄れてきますので意識的にコマンドの実行性を高められるように接してください。

クリックをすると大きな画像でご覧になれます。

ボールの持って来いも飽きないうちに終わらせる事がコツです。また意欲を高める為には、単体のボールよりも紐付きボールやPULLERなどを活用して引っ張りっこ遊びからレトリーブの意欲を高めましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. C/L:サラダちゃん&アンナちゃん。

  5. 第1回 俣野公園愛犬マナー教室

  6. C/L:モコちゃん。

  7. P/L:マフィン君。

  8. P/L:ローキーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829