P/L:ウィル君。

ウィル君の今日のレッスンは、脚側停座と脚側行進の精度の向上を目標にした強化トレーニングです。今までの基礎トレーニングを前提にしながら誉め言葉やトリーツの頻度を下げながら集中力を向上させることを目指していきましょう。

最近のトレーニングでの集中力を維持させるための脚側行進の分解トレーニングで、脚側停座のポジションも自己修正できるようになってきました。指導手の声掛けや視線の位置の改善なども重要なポイントとなりますので意識的に動けるようにしていきましょう。また右屈折の際の動きと左屈折の際の動きのトレーニングは、指導手のトレーニングになりますので、自主練習を行いウィル君をつき合せないようにして、体感で動けるようになった段階でウィル君とのペアでの動きのチェックを行いましょう。この動きのチェックでは、パターン化するよりも動きのバリエーションを加えることの方が集中力が向上します。特に、周りに犬が居る環境では余所見が多くなりますので、脚側停座の集中時の余所見に対する対処も的確なタイミングで躊躇なく行い、ウィル君の理解が進んだ事が確認できた瞬間に大いに誉める事ができるように確認と、その先の対応を常に頭の中で整理をしてトレーニングを進めてください。また無意識に意味のないトリーツを与えてしまう瞬間もありますので注意が必要です。


関連記事

  1. P/L:ウィル君。

  2. 清水丘公園マナーアップスクール・プレ開催

  3. P/L:ヴァイス君。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. P/L:獅子君。

  6. C/L:ヴァイス君

  7. P/L:ライス君。

  8. P/L:タンゴ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031