P/L:リサちゃん

今日のリサちゃんのレッスンは、オビディエンストレーニングを進める上での集中力の持続や指導手への意識の向け方についてのトレーニングです。

環境刺激に左右されないコマンドを作る以前に、刺激の低い状況下でもコマンドに対しての反応速度や実行速度を一定の基準にまで引き上げる必要があります。これは、今までの関わり合いの中でニンゲン側からの基準の提示がリサちゃんに与えられていない事から、リサちゃんは、その基準で動く必要がありませんでした。しかし、ニンゲン側が求めている速度を考えた場合は、今までの対応では実現する事は出来ませんので、日頃の対応の見直しやコマンドを1つ1つ丁寧に使い、確認をし都度評価できる場面ではシッカリと評価し、指示を出す場面では躊躇なく指示を出せるようにしなければいけません。この対応をリサちゃんが理解し、求められている速度を表現できるように徹底する事がニンゲン側の難しい点です。過去のリサちゃんに主導権のある時間で学んだ、ニンゲンをコントロールする動きや表現に惑わされることなく一貫した対応で関係性の基礎を作っていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ハル君

  2. P/L:ルカ君。

  3. C/L:ハグちゃん

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:獅子君。

  6. P/L:ポーちゃん。

  7. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  8. オビディエンスグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31