P/L:ウィル君。

今朝のウィル君のレッスンは、前回のレッスンの復習を含めて指導手の動き方や視線の向きなどもステップアップし、脚側行進の距離を延ばす為の段階トレーニングです。

正面停座でも脚側停座でも脚側行進でも、指導手の視線をウィル君に向けずに、ウィル君が指導手にアイコンタクトをする基本姿勢を、常に確認しながらトレーニングしていきましょう。誉めるタイミングなどを変更したりする事も今後は必要になりますし最終的には、コマンドのみで脚側行進を最後まで出来るようになる必要があります。その為にも、指導手と視線が合わない状態でも集中して動く為の基礎トレーニングです。

短い距離で出来るようになったら、少し距離を延ばして行いますが、無理をして集中が落ちてしまう経験を何度も繰り返さずにトレーニングを組み立てる必要があります。気温が低くなり集中力は高くなっていますので、脚側停座への反応などから、現状のウィル君の集中力を確認しながら進めてください。招呼のコマンド変更後の反応は安定していますし、実行速度も問題ありません。


関連記事

  1. P/L:大豆君。

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:ゲイリー君。

  4. P/L:ブランシュ

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. JKC神奈川北スーパードックトレーナーズクラブ クラブ訓練競技会。

  7. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  8. P/L:花音ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930