P/L:アルファ君。

プライベートレッスンでは、初レッスンとなるアルファ君(ラブラドールレトリバー2歳1ヶ月♂)の課題は、オビディエンスの基礎トレーニングと階段の上り下りのトレーニングです。

パピー期からトレーニングの経験があり基本的なコマンドの理解も確認できますが、コマンドの実行性や持続性が不安定で飼い主さんが望むレベルに達していない事や、飼い主さん自身も、トレーニングをどのように進めていくべきか?を学ぶ機会にしたいとのご要望です。

改善したいポイントにアイコンタクトの持続時間の強化があります。現在もヒールポジションの理解やアイコンタクトは出来ますが、瞬間的なアイコンタクトだったり、トリーツをもらう事が解除につながっている様子が伺えます。性質的に少しシャイですが、他の犬とのコミュニケーション能力は、ラブラドールらしく友好的で遊び好きです。近くに他の犬が近づくとヒールポジションに停座していても、心ここにあらずの状態で、飼い主さんへのアイコンタクトは持続できなくなります。この際の飼い主さんからのコマンドも、アイコンタクトをさせたいばかりに、多くのコマンドや声がけが発生しますので、刺激が加わる事と飼い主さんの声掛けやコマンドが無視されることにつながり、本来、飼い主さんが求めている結果は得る事ができていません。

これを改善する為には、刺激レベルの低い環境下から進めますが、基本的なコマンド実行性と「解除のコマンド」の理解を進め、解除のコマンドが出るまでのコマンドの実行維持を理解させるようにしましょう。そして、報酬はトリーツだけではなく、アルファ君が楽しい!や嬉しい!と思える事を報酬に設定する事でトリーツに頼らないコマンドの実行性と維持を実現できます。

「Down」のコマンドも維持時間とアイコンタクトの強化を同じように進めること、「Down」の際の後脚の崩れは改善していく必要があります。許可で遊びにいける事を報酬にするケースで今回は行いましたが、遊び好きのラブラドールには最適なパターンでした。

ヒールポジションで歩く脚側行進も、今までの習慣から飼い主さんの左手を鼻でつついて、トリーツを要求する反応も見られますので、本来の脚側行進に改善していきましょう。もう1つの課題である階段の上り下りに関しては、パピー期の経験不足から慌てて上り下りをしますので、メンタル的な安定性を重視しながら、お散歩時に使う「ゆっくり」のコマンドと「Stay」で慌てずにゆっくり上がれるように数多くの階段を経験させていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ウィル君。

  2. P/L:ドンタ君。

  3. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  4. トレーリンググループレッスン

  5. with sarada 13th Kansai-School

  6. with sarada 122th Yokohama-School

  7. with sarada Lodging training in MON…

  8. P/L:マー君&ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930