P/L:アメリちゃん。

今日のアメリちゃんのレッスンは、コマンドの基礎トレーニングや新しいコマンドの導入、また現在の課題の克服に向けての進捗状況などのチェックです。

他の犬を見ると「遊べるかも?」という意識が働き、思わず相手の犬への集中が強くなりポイントしてしまう習慣があります。攻撃性がるわけではありませんが、飼い主さんのコマンドには反応せずに相手の犬を見続けてしまう為に、いつ引かれてもおかしくない状態は、決して良いことではありません。この課題のトレーニングの場合は、一旦停止して相手の犬をスルーする方法がポピュラーですが、アメリちゃんの場合は、ポイント行動をしてしまうので飼い主さんと一緒に歩きながら安定した状態ですれ違うスタイルを選択しました。ただ、現在の飼い主さんからのコマンドに対しては、非常に反応が希薄な状態ですので、あまり無闇にコマンドを連呼しないことも大切なトレーニングです。特にアテンションコマンドは屋外に出た段階で環境刺激にかき消されてしまっていますので改善していきましょう。アメリちゃんは、一定の距離間をキープすると大きな問題はなくすれ違いができますので、この課題を含めた飼い主さんとの関係性を構築しながら進めていきましょう。

呼び戻しのトレーニングに関しては「来い」のコマンドへの反応やイメージは以前より改善され確実に実行できるようになってきています。環境刺激の条件が強くなると、反応は鈍くなりますが、現段階では充分な成長が感じられます。今後は、ロングリードでの呼び戻し以外でも「来い」のコマンドへの反応が素早く出るようにトレーニングをして下さい。リードを使ったコントロールを多用すると、今良くなってきているイメージが低下してしまう場合がありますので状況判断をしてシッカリと大きな表現力で誉めるようにして下さい。今日は、呼び戻しとは相反する「待て」のトレーニングについて、少し掘り下げてみました。「待て」も様々なシチュエーションで使用しますが、「動いちゃダメ」を明確に教えていかないと、ずるずる動く事を覚えます。短い距離や短い時間で正確な「待て」を教えていきましょう。前回までの課題の「拾い食い」は飼い主さんご家族の努力の成果で、かなりの改善が見られるようになりました。まだ気は許せませんが、常に観察しながら飼い主さんを意識して見続ける姿勢を維持できるような関係を目標にトレーニングをしていきましょう。


関連記事

  1. with sarada 107th Yokohama-School。

  2. P/L:ムッシュ君。

  3. P/L:きなこちゃん。

  4. P/L:ブランシュちゃん。

  5. P/L:ブランシュちゃん。

  6. P/L:ロイ君。

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. P/L:まめきち君&つぶきち君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031