P/L:タンゴ君。

今日のタンゴ君のレッスンは、成長と共に自立心も強くなりますし自我も強くなり、飼い主さんのコマンドよりも自分優先の月齢に入ってきています。

今までのレッスンで理解しているコマンドも、その時の雰囲気で、やるか?やらないか?を決めていますので飼い主さんにトレーニングを始めるイニシャチブがありません。特に未虚勢の♂犬は、臭いに対して敏感ですので浮遊臭にも反応しますし地面の臭いにも反応します。ヒールのコマンドが出ていても、飼い主さんとのにらめっこから始まり、全く動こうとしない時間が流れ、臭い嗅ぎが始まり首輪のあたりを掻きはじめる。コマンドが出ている状態で、このような不必要な反応や行動を放置すると、いつまでも理解は進まずに、常にタンゴ君のペースで全ての物事が始まりますので改善が必要です。その改善策は、オビディエンスのトレーニングではなく日常の生活の中のルールの設定と実行にあります。何事をするにしても飼い主さんの許可を待つ姿勢を関連付けることで主導権は、飼い主さんに移行します。但し、このルールを設定するのも守るのも飼い主さんの根気にかかっています。飼い主さんが諦めれば、そこでこの改善策は終わりますので、諦めずに継続して下さい。犬はルールを破りません。ルールを破るのは人間です。「まぁ~いいか」「今回だけはいいや」など飼い主さんがルールを不安定なものにしてしまう為に、その幅のありすぎる曖昧な基準を犬は覚えてしまうのです。是非、ルールの徹底を継続して習慣化させてください。今日のレッスンでは、飼い主さんのコマンドを出してからの指示の出し方や体の動かし方など実践し、オーバーなハンドシグナルを出さなくても脚側停座の位置に停座できるようになってきました。また停座した状態でアイコンタクトの時間を延ばすという本来の意味をシッカリと教えていくようにしましょう。


関連記事

  1. P/L:凜ちゃん。

  2. ノーズワークSummer Class in Ven!

  3. P/L:アメリちゃん。

  4. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. P/L:ニア君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031