P/L:ライマちゃん。

今日のライマちゃんのレッスンは、前回のカウンセリングのレッスンの際に出来なかった基礎トレーニングからスタートです。

まずは、アテンションとアイコンタクトのトレーニングを飼い主さんには学んで頂き、名前を呼ばれたら飼い主さんとのアイコンタクトが出来るようにトレーニングを実践して頂きました。トリーツを活用する際にも、誉めるタイミングやトリーツを与えるタイミング、方向、手の向きなどいくつかの注意点がありますので正しいアイコンタクトになるようする事と、トリーツのルアーと誘惑に反応させるのではなくアイコンタクトをした事でトリーツという報酬を得ることが出来たという認識を高められるようにステップアップしていきましょう。飼い主さんが正しく理解すれば、ライマちゃんは充分に、このトレーニングを理解し学ぶ能力は備わっています。

お散歩に関しては、超大型件ですので早い時期から極力ヒールポジションでお散歩が出来るようにしたいというご意向は理解しますが、現在の月齢は好奇心旺盛で沢山のモノを感じたり確認したりしたい時期です。この段階を丁寧に経験させることで何事にも適応できる心が養われますので、制御するだけではなく経験させながらライマちゃんが自発的に飼い主さんの傍で歩けるように、楽しく基礎トレーニングを繰り返していきましょう。

「Come」の呼び戻しとは正反対の「Stay」に関しても、2つのコマンドを別々に強化するようにして下さい。「Come」は向っている行動を誉めて飼い主さんの直近まで来ることを強化しま。「Stay」は、短い距離から少し離れたら、必ず飼い主さんがライマちゃんの元へ戻り、何度も同じ距離での「Stay」を理解させて。最後は解除のコマンドで開放して終わりにするようにルールを教えて下さい。これは「Stay」だけではなく、行動を静止させるコマンド「Sit」「Down」「Stand」なども解除のコマンドの「OK」がでるまで、同じ姿勢を維持するようにトレーニングで理解させます。この維持のさせ方は、今日のトレーニングで行ったように、トリーツを解除の合図と理解させない与え方がポイントです。まだ月齢的に長い時間のトレーニングは出来ませんので短い時間で楽しく終わらせるようにして飼い主さん側のトレーニング方法への理解を深めていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  2. P/L:マー君&ゲイリー君。

  3. P/L:ブランシュちゃん。

  4. P/L:たんぽぽちゃん。

  5. P/L:花音ちゃん。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:花音ちゃん。

  8. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031