P/L:トナ君。

今朝のトナ君のレッスンは、脚側行進の強化トレーニングです。特に最近の取り組みは、コーナーとターンですが、自主トレーニングで出来ていることが、中々レッスンで実現できずに悩んでいます。日頃のトレーニングでの指導手の動き方や声がけやコマンドの頻度など客観的に自らの動きやフィードバックを確認しないと、レッスン環境下でも同じ動きを実現することは難しくなります。

しかし、求めるべきは、現在のレッスンでも自主トレーニングと同じ動きができる事ですので再度、指導手の動きやコマンドの癖、習慣を意識的に改善してトレーニングをしてください。

課題であるコーナーやターンの部分的なトレーニングとは別に、課目の一連の流れの中でトレーニングをすることは、難易度も違いますし求められる集中力も違ってきます。脚側停座の集中が維持できていないと、脚側行進の課目の精度自体が低下して良いトレーニングにはなりませんので注意しましょう。

また、指導手の視線がトナ君を見ている状態は正しい姿勢ではありません。しかし、正面だけを見てトナ君の同調性を確認できなければ意味もありませんので、自分の視野を広げてトナ君を確認できるようにして下さい。同調性が低下した場合の指示の出し方や、その指示を理解して同調性を維持できていることをタイミング良く誉めることなど、指導手が身につけなければいけないスキルがまだまだあるようです。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. P/L:サンボ君。

  3. P/L:たんぽぽちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:マッシュ君。

  6. ノーズワークグループレッスン。(C)

  7. P/L:だいずちゃん。

  8. P/L:リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31