オビディエンスグループレッスン。

今日のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、 たんぽぽちゃん ・ブルース君&リンゴスターちゃんです。

たんぽぽちゃんは、ここのところのレッスンでは指導手の主体性の強化をメインに行っています。コマンドを出さない歩行に関しても、このレッスンを開始してからの変化も見られます。

今日のレッスンでは、指導手の不用意な体符を表現しないことで、どれだけたんぽぽちゃんの集中が向かないか?もしくは持続しないか?を認識して頂きながら、集中を引出すために、開放とのコンビネーションを繰り返しながら脚側停座と脚側行進のスタートをトレーニングしました。また、体符といっても肩の動きだけではなくリードを持っている手の位置や動き方など細部にわたる改善も必要です。更に、レッスンが終わった後や日常での接し方で早急に改善をしなければいけない行動がありますので、意識的に考えるようにしていきましょう。課題の1つである「立止」は、実行性が強化維持されていますので自主トレーニングの成果も見えているようです。

ブルース君は、まだ脚側停座へのスムーズな移行ができていません。特に指導手の体符を無くすと正しいポジションの理解が進んでいないことがわかりますので、改善していきましょう。またトレーニングの際の指導手のメンタルに関しても、あまり緊張状態が長くなると、その分、ブルース君にも影響がありますので、気負わずに進められるようにすることが重要です。ボールの報酬の出し方や遊び方も、スムーズな時とぎこちない時との差が大きいですので平均的な対応が出来るようにすることもトレーニングを進める上ではとても大切な事です。後半の動きは、とても良い反応が出来ていましたので、まずは脚側停座のスムーズな移行と集中の維持をトレーニングしましょう。

リンゴスターちゃんは、脚側停座の位置を自ら修正する意識が出来てきています。脚側行進からのターンと脚側停座の一連の流れでも、良く集中できていますので膨らみが少なくなってきています。今後は、環境と距離を延ばしながら、同じような集中力が維持できる脚側行進を目指す必要があります。また課題である「立止」の修正トレーニングでは、真っ直ぐに立止することをリードで感じながら誉めるタイミングなどもシッカリと伝わるようにトレーニングをしていきましょう。

関連記事

  1. P/L:たんぽぽちゃん。

  2. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  3. P/L:トナ君。

  4. with sarada 115th Yokohama-School

  5. P/L:ぽんず君。

  6. P/L:いちごちゃん。

  7. P/L:ローキーちゃん。

  8. P/L:凜ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031