P/L:玄武君。

玄武君の今日のレッスンは、呼び戻しの基礎トレーニングです。

|アテンションと呼び戻しのコマンド

前回のレッスンは、2ヵ月半頃でしたので、現在の4ヶ月とは心と体の成長も進み少しずつ性格の形成も進んできています。現在の生活環境は、トリミングショップで過ごす時間が長く沢山の犬や人と接する機会も多い為に社会化の促進としては多くの経験を積むことができます。但し、今後はパピー期から若齢期に への成長と共に 性格の変化なども見られますのでショップでの仕事だけにバランスをおかずに玄武君の反応や行動の変化を見逃さないようにしてください。

呼び戻しに関しては、以前から強化していただいているアテンションコマンドと呼び戻しのコマンドの基礎を作る必要があります。ショップ内では、アテンションに対しての反応は、とても良い状態ですが、万が一屋外に出てしまった際の呼び戻しは、ショップ内よりも遥かに刺激レベルが高い為に呼び戻しのレベルの難易度も高くなります。

ロングリードを装着してエラーレスのトレーニング環境を整えて「おいで」で呼び戻します。


成功させるトレーニングという観点ではなく失敗をさせないトレーニングを進めることで犬の理解は混乱することなく進みます。しかし、トレーニングを組み立てる上で犬の行動や反応を予測しないで行うと失敗をさせてしまうことになりますので注意しましょう。

自発的に呼び戻しのコマンドに一目散に反応し戻ることが理想です。

「おいで」のコマンドに対しての反応と、その行動に対しての報酬は付加価値を高めた報酬にしていきましょう。いつものトリーツではなくハイバリュートリーツが必要になります。刺激レベルが高ければ、尚更のことですのでトレーニング内容によって工夫していきましょう。例えば、「おいで」のコマンドを短期間に強化したい時には、食餌の際のワンポイントで必ず「おいで」で傍に来たらご飯がもらえるようにするシチュエーションを作ることも1つの方法です。

屋外の誘惑刺激に左右されない為にも、お散歩の時間を利用したコマンドへの反応の確認と適切な運動量を与えることで飼い主さんからのコマンドへの実行性も強化されます。そろそろ永久歯に生え変わり、また1段階成長をする時期ですので玄武君の成長に合わせた対応を考えてあげて下さい。

関連記事

  1. DRDN災害救助犬捜索認定審査会及び春季合宿訓練会。

  2. P/L:マイル君&チコちゃん。

  3. P/L:ぼたんちゃん。

  4. DRDN災害救助犬ネットワーク服従認定R審査会。

  5. P/L:大和君。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. ノーズワークグループレッスン。

  8. ノーズワークグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031