P/L:マイル君&チコちゃん。

今日のマイル君&チコちゃんのレッスンは、屋外でのコマンドの基礎トレーニングとお散歩トレーニングです。

屋外でのコマンドの実行性を高める

「お家ではできるけど外ではできない」というケースを良く聞きますが、コマンドの理解度や飼い主さんからのフィードバックが正しく行われていない事が1つの要因です。更に、その犬の性質や屋外の環境刺激に対しての適応性なども実行性には大きく関係してきますので、それぞれの性質を見極めながら無理なく進めていきましょう。

チコちゃんは、環境への順応性が高い為に、短時間で飼い主さんへの集中ができるようになります。室内で出来るコマンドも、容易に屋外でも出来ますし、新しいコマンドへの対応も可能です。

「伏せ」も、現在はルアーでのコントロールですが安定して出来ていますので、今後は報酬に切り替えながら安定性を高めていきましょう。

反対にマイル君の場合は、屋外の刺激に対しての反応が顕著ですから、飼い主さんのアテンションに対しての反応も低く、飼い主さんへの集中が出来るようになるまでには、少し時間を要します。この必要な馴致時間が、どの程度短くなるか?がマイル君のメンタルの成長ですので、日々のお散歩やトレーニングで確認してください。

チコちゃんとは違い、この基本的なお座りのコマンドが安定するまでには時間を要しますが、今回は飼い主さんの報酬の与え方が上手でしたので集中が維持できていました。

マイル君にとっては、伏せのコマンドは少し抵抗感もありますので、飼い主さんの姿勢も低くして実行性を優先させることが重要です。

 

お散歩のスタイルを考える

室内での1対1の関係構築の為の時間を作ることと同じように、時々は1対1のお散歩でのコミュニケーションも大切な時間です。ただ生活のリズムや人間側の都合もありますので、どのような条件でも対応できるようにトレーニングを進めましょう。

先ほどのコマンドのトレーニングと同じように、それぞれのお散歩での動きには特徴がありますので、まずは、その特徴を把握した上で、理想的なお散歩のポジションや速度について飼い主さんが基準を守り主体性を持ったお散歩を心がけてください。歩行者・自転車・車などとのすれ違いでは、2頭に危険にならないようにコマンドでコントロールすることも必要ですし、余裕のある空間や公園では臭い嗅ぎなどの一定時間の自由意志の尊重をしてあげることも大切なメリハリです。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. グループレッスン。

  3. P/L:アレックスちゃん。

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. P/L:トナ君

  6. 東京防災展2018

  7. P/L:ローキーちゃん。

  8. P/L:パルフェ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930