P/L:オビディエンスグループレッスン。

今日のオビディエンスグループレッスンは、ローキーちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃんのペアごとの課題への取り組みです。
ローキーちゃんは、初めての環境での動きの違いや、それに対しての対処の方法などを実際に動きながら実践して頂きました。いつもの河川敷とは違う臭いに集中してしまうと飼い主さんの声掛けやコマンドも中々届かなくなりますが、環境馴致の為の臭い嗅ぎなどの際にも、自由すぎるエリアと時間を与えてしまうと、止めどなく引っ張り回されるようになりますので、自由な中にも飼い主さんの一貫した気持ちは持ち合わせられるようにしていきましょう。
鳥に対しての反応も、今日は新しい環境で鳩に対して我慢ができるかどうか?の確認をしました。鳩に対しての視線は、相変わらずですがコマンドの実行性は出てきていますので、現在の段階を維持しながら少しずつステップアップしていきましょう。「Come」での正面での「Sit」の安定性がありませんので楽しく教えてみて下さい。ヒールポジションへの意識はありますが、コマンドだけでコントロールする意識を、飼い主さんは今まで以上にもてるようにして下さい。

ブルース君は、最近の取り組みの中の脚側停座に対してのトレーニングは続けているようですので指導手にも妥協がなくなりました。しかし、あまりトレーニング過多になってしまうと集中力が維持できなくなり、質の高いトレーニングにならなくなりますので日頃の生活の中に1つ1つの動きの確認や精度の高い動きを取り入れながら進めてみて下さい。招呼の1声符での実行を強化する為には今日のレッスンで行ったような連続的なリズムの良い動きから集中に切り替えていくように進めて下さい。立止も声符のみで立てるようになってきていますので、ポジションを安定させて真っ直ぐ立てるようにして下さい。

リンゴスターちゃんは、CDⅠの課目の動きを安定してできるようにチャレンジしてもらっています。脚側行進の途中で集中力が切れてしまうことがありますが、極端な遅れは見られなくなりましたので正しいポジションで強化していきましょう。招呼も良い動きですし、伏臥と立止も実行性がでてきました。課題は、課目のスタート時の脚側停座へのスムーズな移動です。どうしてもバタバタしてしまい、中々正しいポジションに脚側停座で来ていませんので、1声符で脚側停座へ移動できるようにトレーニングをして下さい。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:マー君&ゲイリー君。

  2. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  3. 小田原フラワーガーデン合同防災フェア。

  4. P/L:空ちゃん&ウークちゃん。

  5. P/L:ここちゃん。

  6. P/L:ローキーちゃん。

  7. P/L:トナ君。

  8. ー お知らせ -

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728