オビディエンスグループレッスン。

今朝のオビディエンスグループレッスンは、ブルース君&リンゴスターちゃん・モコちゃん&プーちゃんのペアごとのトレーニングです。


ブルース君の脚側行進に対しての指導手の3つの対応に関して、頭では理解できていますが中々臨機応変に対応するまでには至っていません。しかしながら、今日のレッスンの中でもブルース君にコマンドの意味が伝わっている場面も見られました。ブルース君自身は、脚側行進の意味を理解し実行できる能力は持っていますが、その理解した行動を指導手が引き出せていないのが現状ですので、ブレない強い意思で導ける指導手の気持ちが現在の課題には必要です。
招呼に関しては、離れる際の「待て」でのブルース君の集中力が全てのポイントになりますので距離を短くするなどのトレーニングで離れた指導手に対する集中力の強化を行いましょう。伏臥は、まだ1声符では実行できませんが、以前よりも実行性は向上しています。立止は、サポートして成功させえる事は大切ですが、サポートの際のブルース君の反応の中に自発性が感じられるかどうか?の判断をしながら進めて下さい。


モコちゃんは、脚側行進の一連の流れの中での正しいポジションの維持を意識させられるようにトレーニングを進めました。現在は、一旦ひも付きの状態で、ポジションがズレないように指示を出しながら意識させる事と正しい動きはシッカリ誉めれるように進めて下さい。各コーナーでの膨らみ・ターンの膨らみなども改善しながらシェイピングしていきましょう。
招呼の静止姿勢は、安定していました。伏臥も、停座の位置が理解できてきていますので真っ直ぐにできています。課題の立止に関しては、立止の際のサポートの手の動かし方を、再確認して後ろ足始動の立止を完成させていきましょう。


リンゴスターちゃんの脚側行進は、前回のレッスンでの注意事項を確認しながら進めて頂きましたが、ブルース君同様に、いくつかの事を実践しなければいけませんし、それが実践できていない事でリンゴスターちゃんの動きにも影響が出ている事を理解しましょう。前回よりも脚側行進の姿勢は良くなっていますが、左手を追いかける反応がありますのでシッカリと手を振った脚側行進にして下さい。課目終了時の脚側停座も、正しい位置に停座させられるように分かり易い指示を出すべきで、力任せに出さないように注意して下さい。
招呼に関しては、安定してきましたが、ブルース君同様に「待て」の際の集中力が、環境刺激が強くなると難しくなる恐れがありますので招呼のトレーニングというよりも「待て」の基本トレーニングで距離を延ばせるようにトレーニングをして下さい。伏臥は、声符のみで真っ直ぐ伏せる事が出来るようになってきていますが、脚側停座が真っ直ぐにできないと、伏臥も真っ直ぐにはなりませんので注意しましょう。また、指導手の無意識の癖で、脚側停座の僅かなズレが出ている場合、犬を動かさずに指導手が犬に近づいて脚側停座が出来ているようにポジショニングする癖がありますので、指定された場所に正しく脚側停座できなければ、課目が始らない事を考えると、脚側停座に対する犬の理解力にも影響しますので、常に意識的に動かすようにして、自分は動かないようにして下さい。立止は、日頃のトレーニングを進めていませんので進歩が見られません。必ず工夫すれば出来るはずですのでチャレンジして下さい。


プーちゃんは、報酬に対する意欲が高すぎて動きに影響を与えていましたので、冷静にコマンドを実行できるように進めてみました。脚側行進での、コーナーの同調性やターンのタイトな動きなど、まだ細部にわたり改善しなければいけない部分が、いくつかありますので報酬の与え方も変化させながら進めていきたいと思います。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  2. P/L:いちごちゃん。

  3. P/L:いちごちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. P/L:くう君。

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. オビディエンスグループレッスン。

  8. 緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031