P/L:紅莉ちゃん

紅莉ちゃんは、初めてのヒートが明け、安定してきましたので本日よりレッスンを再開しました。以前よりも表情も豊かになり動きも良くなっています。FIELDの環境にも慣れてきていますので、コマンドに対しての反応も明確になってきています。また第三者からのトリーツに対しての動きにも躊躇が無くなりつつありますのでメンタルの成長が大きく感じられました。

現在は、トリーツの誘導でコマンドの形を教えている段階ですので、この期間が長くなるとトリーツを持っている飼い主さんの手に対しての意識が強くなり、アイコンタクトが疎かになります。以前のレッスンでも、飼い主さんが紅莉ちゃんに対して必要以上にアテンションコマンドを連呼してしまう事を課題として改善をお願いしていましたが、現段階でもアテンションに対してのアイコンタクトは安定していませんので、「座れ」や「伏せ」のコマンドもアテンションコマンドと同様にアイコンタクトし続けるようにステップアップしていく必要があります。

今日のレッスンでは、あえてトリーツを手に持った状態でコマンドを出し、紅莉ちゃんが手に対してではなくアイコンタクトを選択した事のみに対して報酬を与えるようにトレーニングをしました。またこの報酬を与える与え方についても安易に与えるのではなく、アイコンタクトを意識させるように与える事を忘れないようにしていきましょう。

このアテンションコマンドのトレーニングの延長線に「座れ」「伏せ」「ヒール」などの現在理解しているコマンドが出た場合でもアイコンタクトを選択し、その姿勢を維持できるように理解を深めていきます。正面で行う「座れ」「伏せ」よりも、脚側停座の位置での「ヒール」の方が、左手に近づくために、アイコンタクトが取りづらくなりますので、焦らずに丁寧にトレーニングをしてください。

遊びを含めた「レトリーブ」に導入トレーニングは、飼い主さんが上手に遊びながら持来欲を引き出す作業が必要となります。

咥えながらの引っ張りっこも力強くできますので、無理のないように教えていく事でレトリーブの作業も理解してきますのでトレーニングの合間に遊びながら取り入れてみて下さい。


関連記事

  1. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  2. P/L:クロスケ君。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:スピカちゃん

  5. P/L:ルカ君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:パコ君

  8. P/L:Mike君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031