P/L:ウラ君

今日のウラ君のレッスンは、オビディエンスの基礎コマンドのトレーニングと大型商業複合施設内でのパブリックトレーニングです。

前回のレッスンで現状のコマンドの理解や動きの確認を行い、改善して頂きたい点のトレーニングをお願いしていましたので今回は、トレーニングの進捗状況を確認させて頂きました。

ヒールポジションでの脚側行進は、前回よりも飼い主さんを意識して歩ける時間が延びてきていますが、飼い主さんがウラ君の進む方向に着いて行く傾向が見られますので、飼い主さんはウラ君の動きに合わせるのではなく、ウラ君が飼い主さんに同調して歩けるようにしていきましょう。

ヒールポジションの脚側停座から「伏せ」と「立って」のコマンドはトレーニングの成果が出ており、伏せのコマンドへの反応も早いですし、浮き上がりが無くなりました。

立止は、飼い主さんとの距離間が開く事とトリーツを与える際に座ってしまう事もありますので、立ち続ける事を理解させましょう。脚側停座のポジションの精度を更に向上させると、それぞれのコマンドの精度も高まりますので、今後も精度を高めて下さい。

レトリーブの動きもシッカリ教えていくと嬉しそうにできていますので、飼い主さんとのコミュニケーションの1つのツールとして取り入れていきましょう。

飼い主さんの今までの対応から、レトリーブするよりも一人遊びの習慣の方が強くなっているようですので楽しくテンションを上げて遊んでみて下さい。

年始で施設内は、人も犬も多く刺激レベルの高い環境でしたが、パブリックに関しては問題なくクリアできていました。

刺激レベルは、その犬や飼い主さんの感覚や捉え方により差が出てきますが、高い刺激レベルでも誘惑刺激よりも飼い主さんからのコマンドを優先できるようにする為には、刺激レベルを細分化した上で、ウラ君の反応を確認してステップアップする事が必要になります。日常と非日常では、当然刺激レベルは違いますので、様々な経験の中から刺激レベルに対しての適性能力を向上させていきましょう。


関連記事

  1. P/L:パルフェ君。

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:凜ちゃん。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:ハル君

  7. P/L:ブランシュちゃん。

  8. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031