P/L:カノアちゃん

今朝のカノアちゃんのレッスンは、お散歩トレーニングとオビディエンスの基礎トレーニングです。お散歩の際の他の犬とのすれ違いの際の瞬間的な反応に対して改善をしたいとのことですが、お散歩の際のカノアちゃんの飼い主さんへの意識が、不安定な為にコマンドが優先されずに他の犬や鳥・猫などの誘惑刺激を優先してしまうことで課題となっていますので、刺激のない平時の状況下でのコマンドの実行性を高めると共に誘惑刺激のレベルの高い環境下での対応を積極的に取り入れる必要もあります。

他の犬に関しては、相手のいる事ですので場合によっては、意味もなく近づけてくる人が多いのも現実です。カノアちゃんは、他の犬に攻撃的な訳ではありませんが、飼い主さんを無視して他の犬に対して突き進む反応を改善する事が目的ですので、飼い主さんのイニシアティブがポイントになります。また相手が無暗に近づけても「ついて」でスルー出来る事が理想です。挨拶をさせるのであれば、飼い主さんの許可で挨拶できるようにルール作りをしていくと共に、活用するコマンドの実行性と優先順位を高めていきましょう。

平時でのコマンドの実行性は、お散歩の後の玄関での足拭きなども「待て」のコマンドで行動を止めていられることができていませんので、「自宅内だから・・・」とコマンドの実行性を考えずに曖昧にしてしまう事が、その先のレベルのトレーニングでは曖昧ではなく、コマンドの無視につながります。自宅内(テリトリー内)での安定した環境下だからこそ、コマンドの実行性は、100%であるべきですので再考してください。

オビディエンスの課目ごとの動きは、まだ不安定な課目もありますが、屋外の刺激の中で動けるようにいする為にも実践していきましょう。

「ついて」の脚側停座を、どこでも確実にできるようにしながら、「伏臥」と「立止」の課目の実行性を高めて下さい。シッカリ誉めながら脚側行進の姿勢を理解させ持続できるようにしていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. P/L:ルカ君。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:リサちゃん

  8. P/L:ケン太君&大福ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031