ノーズワークトレーナークラス

本日のトレーナークラスはインドアでのアロマステージのセッションを開催しました。参加されたのは、トレーナー4名と晴れちゃん・あんなんちゃん&テン君・グート君・ぶん太君の5頭です。1ペアのセッションの設定を、他のトレーナーが行い、全てのペアがブラインドで行いました。今までよりも良く犬のアラートを確認していかないと正解は導けません。また2か所のハイドの場合の、切り替えのさせ方などに関しても実践トレーニングでハンドラーの役割を含めて経験して頂きました。

晴れちゃんは、前回のセッションはお休みだった影響もあるのか?最初のセッションでは、いつもの意欲もなくサーチへの集中が安定しませんでした。このようなケースの場合のリカバリーについてを実践し、2回目以降のセッションへの意欲向上へ改善していきました。その後のセッションではハイドの2か所設定についても安定した切り替えにつながっていました。今までの晴れちゃんへの接し方でサーチを進めると環境の変化により大きな波が出ますのでハンドラーの適切な対応を学んでいきましょう。


ート君は、とても意欲的なスタートの第1セッションでしたが、勢いだけで丁寧なサーチにはなっていませんでした。その中で、一旦停止した動きをアラートと勘違いをしてしまったハンドラーのミスもありましたが、後半は非常に安定したサーチができていました。アラートの静止時間も延びていますし安定してきています。2か所のハイドの設定では、1か所目への固執動作が非常に強く見られていましたが、最後のセッションでは上手に切り替えていたようです。また今後に期待しています。


あんなんちゃんは、ハンドラーが思うよりもシッカリと安定したサーチができています。サーチエリアを一通り確認した後に、エリアをつぶしながらハイドを絞り込む動きは経験のなせる業です。アラートも静止時間やボディーランゲージが明確ですのでハンドラーの告知にも間違いがありません。2か所のハイド設定でも、すんなりと切り替えができていましたのでハンドラーが、あまりしゃべらない事がポイントです。


ぶん太君は、今までのように後半になるとクレートから出てこなくなるような意欲の低下は見られず、終始安定した意欲と集中力が維持できていました。アラートの姿勢も、静止時間が長くなりピンポイントでアラートができています。2か所のハイドの設定では、1か所目への執着が強く出過ぎてしまう場面はありましたが、ハンドラーの対応がシンプルに出来ていましたので2か所目のハイドの意味への切り替えも理解ができたようです。次回も、同じ意欲と集中を期待しています。


テン君も、ハンドラーが思うよりも安定したサーチができるようになっています。オンリードとオフリードでの挙動の違いは、ハンドラーの会話も要因の一つです。オフリードでの動きは、とてもコンパクトに効率の良い動きができていますし、アラートの静止姿勢は、まるで動画から静止画像に瞬間的に移行したように微動だもしないアラート姿勢です。2か所のハンドの設定も、ハンドラーの心配をよそに短時間にクリアできていました。次回も楽しみにしています。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:たんぽぽちゃん。

  3. P/L:ハル君

  4. P/L:大和君。

  5. P/L:たんぽぽちゃん

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:マロニー君。

  8. NWG:ムクちゃん・アイビー君・ジェイラちゃん-Odor-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930