P/L:アスラン君

今日のアスラン君のレッスンは「Take」のコマンドによるレトリーブのトレーニング方法についての実践と「Heel」から「Down」と「Stand」の連続コマンドの導入トレーニングです。

レトリーブについては、引っ張りこなどの楽しさもそうですが、どのようにすれば良いのか?を教える必要があります。過去の経験から、オモチャ等で一人遊びをする習慣がついていますので、オモチャは飼い主さんと遊ぶものだと言う事を理解させることと一人遊びをせずに飼い主さんの元まで咥えて運ぶことを連動させます。遊ぶことで飼い主さんの遊び方のスキルも必要になりますので、アスラン君の課題だけではなく、どのように楽しく遊べるか?がポイントにもなります。

単純な引っ張りっこ遊びとオンリードの状態からのレトリーブ、そして手からリードを離した状態でアスラン君にレトリーブの意識が生まれたかどうか?の確認など、丁寧にステップアップをしていきましょう。

「Heel」のコマンドに対してのポジションの理解は進んでいるようですので、更に精度を上げる事と新しい連続コマンドの導入を進めます。

まずは、「Heel」から「Down」ですが、これもハンドシグナルを使わずにコマンドのみで実行できるようにします。レッスンの際も、分かっているのに実行しない動きが見られましたので、飼い主さんはシンプルにコマンドのみを出して、実行できたら誉めてあげましょう。

次に「Stand」も加えた連続コマンドです。

「Heel」から「Down」そして「Heel」に戻してから「Stand」そして最後は、また「Heel」に戻します。必ず「Heel」のコマンドが基準になりますので、正しい「Heel」のポジションを再確認してコマンドの精度を高めてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:ブルース君

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:トラ君。

  5. P/L:トナ君

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:こはくちゃん。

  8. P/L:トナ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031