P/L:コルト君

初レッスンの、コルト君(ボーダーテリア4カ月♂)は、現在の課題である怖がりな性質を理解しつつも、経験値を増やし社会性を高める事と共に、基本的なコマンドの理解を深めながら家庭犬として、どこへでも一緒に行けるように育てていく事を目標されています。

2回ほど、ノーズワークでFIELDは経験済みですが、初めての人には強い警戒モードに入ります。飼い主さん自身は、この反応を抑えたいと思うことで自分の方に呼び寄せる事を優先していますが、月齢と共に反応も強くなり、飼い主さんよりも対象の刺激に対しての興味が強くなりますので、現在の段階から沢山の経験をさせながら目的の刺激が、自分にとってマイナスの要因ではない事を繰り返し理解をさせていく必要があります。

特に第三者に対しては、時間をかけながら丁寧に馴致を進める事でボディーランゲージにも変化が表れメンタルの余裕がでてきます。近づけずに吠える・逃げる・近づきながら唸る・勇気を出して近づく・トリーツを食べながら逃げる態勢・落ちているシッポが上がる・手の位置が下から上でに移行してトリーツを食べれる、正面から近づける・第三者の視線を気にせずトリーツを食べれる・第三者のコマンドに従えるなどなど、いくつかの段階を経ながらコルト君の心の成長を確認し同じ経験を女性から男性や子供・お年寄りなど多くのシチュエーションでトレーニングをしてみて下さい。

飼い主さんも今までに何頭も犬を飼われた経験がおありですので、様々な経験も豊富なようです。ただ、無意識の飼い主さんの「癖」がコルト君の数か月間の学習の中に既に固定化されつつあるようですので、飼い主さん自身の視線・体・手・足の動きを意識的にコントロールしながら、パピー期から若齢期へのステップアップする際の心と体の成長に伴った対応を考えるようにして下さい。

レトリーブでの遊びも楽しく出来るようですので、第三者に遊んでもらうことも良い方法ですが、大好きなオモチャに対しての意欲が高くないと、第三者への警戒心の方が勝る為に遊ぶこともできなくなります。トリーツを食べるよりも遊ぶことの方が勇気が必要になりますので、状況判断が必要です。

まずは、飼い主さんとレトリーブの遊びのルールを再確認して、ドライブを高めてみて下さい。「Off」のコマンドの理解も、まずはレトリーブでの引っ張りっこの強化を先行させてからでも遅くありませんので楽しく遊んでみましょう。


関連記事

  1. P/L:アメリーちゃん。

  2. P/L:たんぽぽ&大和

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:ブルース君

  6. P/L:アメリちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:モルガ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31