オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、レティーちゃん・ウィル君・龍君です。ペアごと課題の確認やトレーニングを進める上での改善点についてのレクチャーと実践トレーニングを行いました。

レティーちゃんは、雨でレッスン期間が空いてしまいましたが今日のレッスンでの基礎トレーニングを繰り返しながらレティーちゃん本来の脚側行進を取り戻せるようにして下さい。1本目の脚側行進よりも2本目の脚側行進の方が、意欲的で集中力も維持できていました。各屈折の動きも丁寧に修正をしながら進める事とポジションを大切に考えて下さい。その場での伏臥の反応速度も基礎トレーニングが必要ですので、どのようにすれば目標とする動きができるのか?を考えて進めて下さい。


ウィル君は、基礎トレーニングの際の指導手の動き方や誘導の仕方などを考えながらポジションの確認をしていきましょう。特に、このトレーニングでは脚側停座のズレや屈折の膨らみが顕著にみられていますので注意してください。伏臥の実行速度が以前よりも速くなっていますので、現状を維持しながら更にスピードアップしていきましょう。物品持来に関しては、保持をシッカリと理解させる必要がありますので必要以上の声掛けもしないようにして正しい反応と行動を誉めるようにして下さい。あまり必要以上の声をかける事で、遊びと直結して興奮のスイッチが入る事で吠えにつながります。「作業」として教える必要がありますので、この点については冷静に丁寧にステップアップして下さい。


龍君は、基礎トレーニングでの集中は高い状態が維持できていますが、後半のトレーニングでは1歩目の集中が低下する傾向が見られています。途中の姿勢を評価するよりも、まず1歩目の集中が高いのか?維持できているのか?の確認をして評価してあげましょう。脚側停座も内側に入り込みがちになりますので正しいポジションの理解を深められるように焦らずに丁寧に誘導していきましょう。伏臥と立止のバランスも課目終了時の脚側停座への意識と共に強化が必要です。


関連記事

  1. P/L:リサちゃん

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. DRDN災害救助犬ネットワーク服従認定R審査会。

  5. P/L:アルウェンちゃん

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. P/L:レディーちゃん

  8. P/L:レイア君&マノンちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930