オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、レティちゃん・大和君・龍君・ローキーちゃんです。ペアごと課題の確認やトレーニングを進める上での改善点についてのレクチャーと実践トレーニングを行いました。

レティちゃんは、紐なし脚側行進の際の同調性が課題ですが、焦らずに進める事で同調性も高くなってきますので誉めるタイミングなどをパターン化せずにレティちゃんの反応や気付きをシッカリと誉めれるようにして下さい。行進中の伏臥に関しては、指導手の歩度の誘導での反応になっていますので、歩度は変えずに適切な視符で実行性を高められるようにして下さい。


大和君は、紐付きでは何とか指導手に同調して脚側行進が出来ていますが、紐なしになると遅れが目立ちます。指導手の動きも、大和君に合わせがちですので、指導手のリーダーシップの発揮が求められます。これは、日常の接し方に大きな要因が隠されていますので今一度、再確認していきましょう。


龍君の脚側行進は、紐付きも紐なしも安定してきていますので、屈折後の同調性も高められるように更に強化をしていきましょう。その場での伏臥と立止に関しては、伏臥の際の斜めになる要因は脚側停座のポジションの問題です。また立止のコマンドに対して、1度で実行できなくなっていますが、これは練習の段階でのやり直しを理解しているからです。必ず1度で実行させられるように工夫していきましょう。


ローキーちゃんは、スタートからの集中も安定していますし前回よりも脚側行進の先行が無くなっていますので、意欲の低下につながらないように集中力を高めていきましょう。行進中の停座は、現在の課題ですが自信を持ってシッカリとコマンドを出すことで実行性が高まりますので、失敗はさせたくないですが、視符ばかりに頼り過ぎないトレーニングをしていきましょう。自由選択課目は、精度を高めるようにしつつも、マンネリ化しないように工夫してください。


関連記事

  1. P/L:マッシュ君。

  2. P/L:たんぽぽちゃん。

  3. P/L:紅莉ちゃん

  4. with sarada Lodging training in MON…

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:鉄心君。

  7. P/L:マー君&ゲイリー君。

  8. JKC家庭犬訓練試験

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031