P/L:ジャック君

今日のジャック君のレッスンは、前回のレッスンで課題となっていた「Au pied」の実行性の状況の確認をさせて頂きました。ご家族での統一した対応で改善が見られるようになったようですので、どのような時も同じ対応で例外なく行うことがジャック君の理解につながります。

「ゆっくり」のコマンドでのお散歩に関しては、「臭いを嗅がせずに歩く」という動きを維持させることが中々できていませんので、このルール作りも一貫した対応を心掛ける必要があります。

様々な刺激が加わってもコマンドに対しての実行性を高める事で回避する事が出来ますし、環境刺激に対しての適応能力も重要なポイントです。

他の犬に対しての興味による鼻鳴きも、お散歩のコース内ではよくある事です。「ゆっくり」のコマンドは、あらゆる刺激を無視しながら飼い主さんと同調して歩けることを目標にトレーニングをすべきですので、反応をする前に指示を出せる観察力も必要となります。

コマンドを出すタイミングと誉めるタイミングの捉え方が、少し違って理解をされている場面が見られますので、「どういう時に、どのタイミングで、何のコマンドを出すのか?」「ジャック君の動きが、どのようになり、どの程度継続または維持できていた時点で誉めるのか?もしくはトリーツを与えるのか?」「声掛けの頻度は、どれくらい必要で、どこまで減らせるのか?」などを考えながら、環境刺激とジャック君の反応に対して適切な選択ができるようにしていきましょう。

すれ違いの際のジャック君の視線の方向が、飼い主さんになると理想ですので、これからも丁寧に一貫した取り組みを考えていきましょう。

パパとのボール遊びは、大好きですし意欲的に動けています。またボール遊びの際のコマンドの導入の際の反応は、とても良いですからパターン化しないように期待感のある遊びにしていきましょう。

ボール遊びでの「Au pied」では、かなり飛びついてきていますので、ボールを隠したりせずに低い位置で構えて直近で「assis」で止められるようにトレーニングをしてみましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:パコ君。

  3. P/L:ウラ君

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. 飯能日高消防山岳救助隊・埼玉県警・DRDN連携活動合同訓練

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. P/L:ウィル君

  8. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930