P/L:ジャック君

今日のジャック君のレッスンは、お散歩での他の犬とのすれ違いや、お散歩中に猫などの誘惑刺激に反応した際の対処やコマンドの活用方法などについての実践トレーニングを行いました。

前回からのレッスンでもすれ違いの際のコントロールについてはトレーニングをしていますが、成長と共に反応も強くなり、刺激レベルが強くなり過ぎる事で飼い主さんからのコマンドが耳に届かず結果的にコマンドの無視につながり、その場しのぎになる事も多くなっているようです。

FIELDなどの普段の生活環境とは違う場所であっても、刺激レベルとしては、それほど高くなく、どちらかというと安定している環境下でのトレーニングを基礎トレーニングとして進めていますので、レッスンでコマンドを理解し実行できても日頃の生活の中に落とし込むと、中々コマンドの実行性が安定せずに本来の役割を果たせないままになりがちです。

今日のレッスンでも幼稚園に登園組のジャック君ともクラスメイトではりますが、遊べる相手ですので刺激レベルとしてはある程度の高いレベルでのトレーニングになります。「ici」でのヒールポジションで待たせて犬の通過を待ちますが、飼い主さんの視界の中に、ジャック君と相手の犬と飼い主さんが入るようなポジションの方が素早く対応しタイミングよくコマンドを出せたり誉める事ができます。

お散歩の際の環境下により、ポジションも違いますが、今回は「Au pied」でジャック君を正面停座のポジションにしてジャック君の後方を通過させる方法や、一旦コミュニケーションの時間を許可し、テンションが上がる前の冷静な判断ができる状態を読み解きながら「Au pied」で呼び戻し、刺激から離脱させるトレーニングを繰り返しました。このトレーニングを続けることで、ジャック君の理解の中に、飼い主さんの存在感が大きくなり、相手の犬とのコミュニケーション中にも自発的にアイコンタクトをしたり、飼い主さんの元に戻る行動の頻度が高まります。

刺激レベルが高くなってもアイコンタクトの安定性が高まると、コマンドの実行性も安定してきますので飼い主さんの存在意義を高められるようなトレーニングをしていきましょう。

「Attends」での待ても、集中できるようになってきていますので、「Au pied」への反応や実行性も安定してきています。これは、前回のレッスンで日頃の運動時にロングリードを活用して呼び戻しのトレーニングを実践して頂いた成果のようですので今後もコマンドを無視させないように一貫した対応を心掛けていきましょう。

パパとのトレーニングもママとのトレーニングと同じようにコマンドの出し方や誉めるタイミングなどを再確認して取り組んで下さい。「Au pied」の際の正面停座の際のパパとジャック君の距離間は、トリーツを与える際のニンゲン側の無意識の習慣が距離を作っていますので、トリーツを与える位置や「Au pied」と「Assis」の2つのコマンドを使わずに、「Au pied」だけで直近に正面停座ができるようにしていきましょう。

またボールや自分で獲得したモノに対しての執着や所有欲が強くなっているようですので、飼い主さんとの1対1以外でのボールを絡めた他の犬との遊びは行わないようにして下さい。前回のレッスンで行った「Under」のコマンドは、ジャック君のお気に入りのコマンドになってきているようですので、カフェなどでの実践トレーニングで、落ち着けるポジションとして教えてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:ニア君

  2. P/L:ヴィオラちゃん

  3. P/L:チャバディー君。

  4. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  5. ノーズワークグループレッスン。

  6. C/L:ジンジャーちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:パルフェ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031