オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、トナ君・パコ君です。それぞれの現状の確認と課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

トナ君は、脚側行進の速歩での左屈折の際のショートカットは指導手の動き方が要因の1つですので、指導手側に引き込めるようにトレーニングをしていきましょう。脚側停座の集中は、以前よりも維持できるようになっていますが、課目が進行するにつれて散漫になる事で伏臥がダブルコマンドになり易くなりますので今後も集中力を維持できる事を目標にトレーニングをしてください。行進中の作業のバランスは安定していますので現状を維持させてください。


パコ君は、集中している状態は素晴らしい動きをしますが、プレッシャーがかかる場面では、脚側行進の遅れが顕著です。この遅れに対して指導手が歩度を合わせがちになると、余計に遅れが目立ちますし、パコ君自身の表現がネガティブになりますので注意をしてください。行進中の停座の実行性が不安定ですが、紐付きで確実に行わせられるようにして下さい。指導手からの誉め言葉が、もう少しパコ君の意欲を引き出す切っ掛けになれるように今後も「誉める」という表現やタイミングを考えながら対応していきましょう。


関連記事

  1. P/L:サニー君

  2. P/L:クゥ君

  3. グループレッスン。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:ラルフ君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. with sarada 121th Yokohama-School

  8. ー お知らせ -

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31