オビディエンスグループレッスン。

今日のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、たんぽぽちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃんです。

ブルース君の脚側停座から脚側行進の一連の流れの中に、必要以上のコマンドや体符が多く見られます。また1度のコマンドで脚側停座の位置にポジショニングする事を、まだ徹底できていませんので確実に実行できるように集中力が維持されている中でトレーニングを進めていきましょう。以前よりも確実に脚側行進の姿勢は理解できていますし維持できる理解は進んでいますので、その能力を引出せるような指導手の技術が必要になります。様々な状況で、ブルース君に合わせてしまう動きをしますので、合わせてくれるニンゲンへの関心は、弱くなりますのでアイコンタクトも維持できなくなります。ボールの報酬の使い方も、コンパクトに扱えるようにしていきましょう。

たんぽぽちゃんは、前回行なったトレーニングを今回も根気強く実践して頂きました。このトレーニングは、課目の動きの理解というよりも指導手としての飼い主さんとたんぽぽちゃんの主導権争いともいえます。形の理解はしていますが、その実行性の安定を図るためには、たんぽぽちゃんの都合でコマンドを理解させるのではなく、指導手側の都合でたんぽぽちゃんにコマンドを理解させ実行させる安定した関係性を作らない限り、どのような環境下でもコマンドを実行することは出来なくなります。トレーニング段階のトリーツの役割も、本来の報酬の意味として与えられるべきものですが、いつしか無くてはならないモノという存在になり、理想的な関係性を基礎としたオビディエンスになりませんので今後も、是非続けてみて下さい。

リンゴスターちゃんの課目全体の流れの中に期待感が減少していることもあり、トレーニングレベルを段階的に下げながら意欲の強化を図っています。但し、誉めるタイミングや報酬のタイミングがワンパターンになると、このトレーニングの意味がなくなりますので、強化しなければいけないポイントを指導手が理解して、先読みされたり要求されたりしないように集中力を高められるように工夫しましょう。紐なし脚側行進の動きは、とても安定していましたので、紐付きでも紐なしでも同じポジションでの脚側行進を目指しましょう。

関連記事

  1. P/L:ローキーちゃん。

  2. 第4回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  3. P/L:いちごちゃん。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. P/L:パルフェ君。

  6. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  7. P/L:きなこちゃん。

  8. P/L:マー君&ゲイリー君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031