P/L:プリモ君

今日のプリモ君のレッスンは、「Come」と「Down」の修正と強化トレーニングです。

呼び戻しの「Come」に対しての理解はあるものの、飼い主さんがトリーツでの呼び寄せを行う事で実際のコマンドの理解よりも取引行為となっています。この関係が固定化してしまうと、いくら呼んでも動かずにトリーツが出てくるのをひたすら待つ犬になります。世に言う「頑固な犬」となるのですが、全ては飼い主さんのコマンドを教える上での間違いが引き起こす「頑固な犬」の育て方になります。

「Come」のコマンドに反応し始めた瞬間を誉める事や、飼い主さんの方へ向かって走っている行動を誉める事、そして最後に飼い主さんの元に戻った段階の「Sit」を、留まることなく行えるようにしていくと「Come」への反応は安定します。またトリーツを出すタイミングや、早く出そうとする飼い主さんの焦りからのフライング的な手の動きも要注意です。

「Down」のコマンドも誘導で行っている為に、手の動きを追いかける傾向があります。「Down」の姿勢が理解できていますので自発的に行動を引き出せるようにシンプルなフィードバックで表現し行動を強化しましょう。

コマンドを出してから実行するまでには、まだ少し時間はかかるものの誘導ではなく、コマンドとハンドシグナルを理解して実行できています。またトリーツを与える頻度なども工夫しながら姿勢の維持ができるようにしていきましょう。「Down」から「Sit」の連続コマンドも取り入れながらステップアップしていきましょう。

現在の飼い主さんの「プリモ」というアテンションの多用が、アテンションコマンド自体をに対しての反応を弱める要因になっています。本当に必要な場面で俊敏に反応ができるようにアテンションコマンドは大切に使いましょう。

飼い主さんとの遊びも、楽しくなってきているようです。「持って来て」のコマンドも、時々でまだ波がありますが楽しめている事が今は一番大切です。

単体のボールもシッカリと手元まで持って来れるように、これからも遊びの中からのコマンドのトレーニングも進めていきましょう。


関連記事

  1. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:凜ちゃん

  4. C/L:クゥ君

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:ハグちゃん

  7. P/L:レオン君

  8. with sarada Lodging training in MON…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31