P/L:モロ君

今朝のモロ君のレッスンは、お散歩トレーニングです。課題である他の犬への反応や吠えに対しての飼い主さんの対応やお散歩のルール作りなどを実践トレーニングしました。

湿度も高くモロ君には厳しい環境下でしたが、コマンドに対しても一定の反応を見せてくれていましたので今後もニンゲン側がモロ君の理解が進むように分かり易いコマンドと表現が出来るようにしていきましょう。

飼い主さんとのお散歩のスタイルとして確立しなければいけないのは「ヒールポジション」ですが、ご家庭ごとに意味が多少違うことも少なくありません。ですから、今後のお散歩を考えて、どこのポジションが「ヒール」なのか?を飼い主さんが理解した上で、一貫性のある対応をしていきましょう。

また「ヒール」は一緒に歩くだけではなく、横断歩道や一旦停止しなければいけないシチュエーションでも「ヒール」のコマンドで飼い主さんの左横に座れるようにトレーニングをしていきましょう。

今までは「座れ」のコマンドを使用していましたが、モロ君に分かり易く区分するために「座れ」は飼い主さんと向き合って座る場合に使用し、「ヒール」は飼い主さんと同じ方向を向いて飼い主さんの左側に座る際に使用するようにしていきましょう。

他の犬に対しての吠えは、相手の犬の種類・性別・動きなどによりモロ君の反応が違います。ただ、他の犬を認識した際の僅かな反応を見逃さずに、事前にコマンドでコントロールできるようにする事が理想です。

現在は、飼い主さんがモロ君の反応を事前に捉えてもモロ君の自我や反発心の方が勝っている為に中々コントロールしきれない場面もありますが、モロ君の抵抗感に負けずに冷静に対処する事で必ず自発性が身についてきますので、この自発的に無視ができるようになる事を心から誉めれるように、オーバーアクションの表現力を身につけて下さい。

また、課題に対してばかりの対応は、誉める機会も減らしますし妙な緊張感の中のお散歩が続くようになりますので、お互いに楽しさが激減します。

飼い主さんのコマンドに従う心を養うには、従う事の楽しさや嬉しさをベースとして出来る事を1つずつ積み重ねていく事が基礎となります。モロ君の反応や動きを良く観察して誉める機会を増やせるようにして下さい。


関連記事

  1. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  2. P/L:かん太郎君

  3. P/L:マロニー君。

  4. P/L:Mike君。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:モコちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031