P/L:ハル君

今日のハル君のレッスンは、オビディエンスの課目トレーニングとボールのレトリーブの際のルール作りの進め方についてのトレーニングを行いました。

課目の動きについては、改善点を少しずつトレーニングしているようで前回よりも修正出来ている個所が多くなりました。脚側行進もトリーツの誘導ではなくコマンドに従う気持ちが表れてきています。

まだ紐なし脚側行進の同調性が低いままですので紐付き脚側行進での強化を進めるようにして下さい。指導手との関係性が深まると視線は自然に上へ向きますが、刺激が強くなると中々思うようには進みませんので今後のステップアップを踏まえて、現段階のトレーニングの精度を向上させてください。

伏臥と立止について、脚側停座を真っすぐに停座することを意識させながら、伏臥も立止も真っすぐに動けることを目標にしています。

今日は、修正することなくコマンドでシッカリと実行できていましたし、アイコンタクトも持続できてきています。課目間の切り返しでの脚側停座も集中できていますので、指導手の視線や姿勢などを改善して完成度を高めていきましょう。

8の字股くぐりなどの自由選択課目に関しても、楽しく教える事は大切ですのでハル君が意欲を維持できるようにトレーニングをしながら、脚側停座から始まり脚側停座で終わるというルールだけは必ず守りながら進めてみて下さい。

ボールのレトリーブの際の、取り出しでハル君が飼い主さんにボールを取られまいとする行動が見られます。遊んでいる最中に何度もボールの取り出しを行う事は必要ですが、この取り出す際に、ハル君の口から力づくで取り出す行為は、ハル君の「取られまい」という気持ちを強くしますので改善してください。

現在の状況では、ハル君が自らボールを渡す段階にはありませんので、咥えたボールを飼い主さんが指で挟むなりして固定しておき、ハル君が咥えているボールを口の力を緩めて離そうとする瞬間を誉めるようにして下さい。この時のコマンドは「ちょうだい」でも「Off」でも「Out」でも「出して」でも構いませんが、必ず1つのコマンドで統一し、ハル君がコマンドを出したらストレスなく渡せるようにトレーニングをしてみましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン。

  2. P/L:ウラ君

  3. P/L:しぇり君。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. トレーリングセミナー。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:ウィル君。

  8. P/L:ルカ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031