P/L:ジャック君

今朝のジャック君のレッスンは、お散歩と自由運動の遊びの時間を活用して現在理解しているコマンドの確認とステップアップトレーニングです。

屋外でのアテンションに対しての反応も現段階では合格点ですし、アイコンタクトへの意識も維持できています。「Assis」や「Couché 」の理解は進んでいますので今後は、まず「Assis」の精度を高める意味で、無理のない程度に真っすぐな姿勢で後肢で座れるようにトレーニングをしてください。現在は、まだお尻で座っていますので、「Couché 」で伏せさせた際に後肢が崩れて伏せるようになります。ステップアップとしては、「リラックス」という意味のコマンドを将来教えて、後肢を崩して伏せて待てるようにすると本来の「Couché 」との区別がつくようにもなります。

呼び戻しに関しては、「Au pied」で統一していますので呼び戻しに応えて戻ってきた場合は、飼い主さんの正面に座るように教えてみて下さい。

一定の誘惑刺激に対しての反応もありますので、呼び戻しのコマンドを出した際には、必ず飼い主さんの元へ呼び戻す努力をしましょう。コマンドが出ているのにも関わらず誘惑刺激に対しての反応を飼い主さんのその時々の判断で許可してしまうと呼び戻しのコマンドは無視されるようになります。この場合、良くありがちな飼い主さんの心理状況は「まっいっか!」や「今回はいいや」という一貫性のない無責任な判断です。今の時期だからこそ、理想的なルールを犬に理解させる為には、飼い主さんがルールを確実に守ることが犬の成長に大きく影響します。ロングリードを使う場合は、呼び戻しに応えないからと言って強くリードを引くのではなく、それ以上前へ進めない程度のテンションを掛けておいて、ジャック君が「Au pied」のコマンドに反応出来たらタイミング良く誉めて下さい。

ヒールポジションの「Issi」は一緒に歩く場合のポジションでもありますし、信号待ちなどで止まった際に飼い主さんの横に座るポジションとしても理解させていきましょう。

「Attends 」の「待て」は以前よりも時間や距離が延びていますが、ポイントは離れていく飼い主さんへのアイコンタクトです。アイコンタクトが持続していない場合は、解除してしまう事につながりますので無理のないレベルでミスをさせないようなトレーニングでステップアップしてください。

遊びの中からのレトリーブは、とても上手になっています。

「Donne」で咥えているボールなどを飼い主さんに渡せるように日頃から色々なシチュエーションで確認しましょう。飼い主さんの遊び方も上手ですし、呼び戻しのトレーニングも兼ねて行えていますのでこれからも楽しく進めて下さい。興奮度が高まると冷静さが無くなりますので、一旦座らせるなどして落ち着かせてから遊びを続けるなど工夫も必要です。


関連記事

  1. with sarada Lodging training in MON…

  2. P/L:獅子君。

  3. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  4. P/L:ハル君

  5. P/L:リンゴスターちゃん。

  6. P/L:リサちゃん

  7. P/L:ミクちゃん。

  8. P/L:ウィル君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031