オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、江真ちゃん・大和君・クーちゃんです。ペアごと課題の確認やトレーニングを進める上での改善点についてのレクチャーと実践トレーニングを行いました。

江真ちゃんは、前回に引き続き2回目の公園でのトレーニングとなりました。カラスやハト・他の犬など江真ちゃんには、刺激が多い環境下でのトレーニングとなりましたが、この条件で実際にコマンドを実行できる関係性を構築しなければ、今後の生活の中でも活用できませんし、何のためのトレーニングなのか?も分からなくなります。あらかじめ決められた条件下や「ここならできる」という条件下でできるコマンドは、本当に活用できるコマンドではありませんので、どんな条件下でも、飼い主さんからのコマンドが優先されるような関係性とコマンドの実行性を身につけていきましょう。現在は、楽しくトレーニングができるように指導手である飼い主さんの声掛けや表現力・気持ちの切り換えなども大切になりますし、あくまでも指導手がイニシアティブを握り動くことが基礎になりますので、トリーツを使ったとしても、江真ちゃんの動きに合わせるのではなく指導手の動きに江真ちゃんが合わせるように取り組んでください。


大和君は、脚側行進の同調性は出てきていますので指導手への集中を高められるように無理なくステップアップしていきましょう。現在の動きは、トリーツを与えられるタイミングだけ指導手へ意識が向く傾向が出ていますので以前のようなアイコンタクトの維持ができるようにしていく必要があります。行進中の作業に関しては、一旦停止しないように動けるようになっていますので、伏臥と停座の実行性を高められるようにして下さい。また行進中の作業後のターンの動きの関連付けは今後もトレーニングしてください。


クーちゃんは、意欲が高く指導手への集中も維持できていますが、全体的に動き方が速い分、脚側行進の極端な先行が見られます。脚側停座も少し前方に停座気味になっていますので修正していきましょう。脚側行進は、指導手の歩度をもう少し落ち着いて歩くようにするだけで全体的なバランスは取れてきますし、屈折の動きも同調できるようになります。10課目の集中の維持ができていますので課目ごとのシェイピングを進め、完成度を高めていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. C/L:ルルゥちゃん

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:ルカ君&ハナちゃん。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. ノーズワークSummer Class in Ven!

  8. P/L:ウラ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829