オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、アメリちゃん・レティーちゃん・たんぽぽちゃん・トナ君・モモちゃん・大和君です。それぞれのステップアップトレーニングと課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

アメリちゃんは、前回のレッスンよりも実行性は高まっていますが、風が強い分エアセントが多くなり脚側停座での集中が維持できていない時間が目立ちます。その分、脚側行進への移行もスムーズではなくなる事から指導手のコマンドの出し方も普段とは変わってしまいますので今後も刺激の中でのコマンドの実行性や精度を向上させてください。


レティーちゃんは、先日FIELDのレッスンで行った行進中の伏臥のトレーニングを屋外で行いながら実行性の確認とステップアップの考え方などを実践しました。以前よりも実行性が安定してきていますので取り組み方を工夫して進めて下さい。脚側行進は集中が低下してしまうポイントを確認しながら改善する為の修正トレーニングを行いました。


たんぽぽちゃんは、FIELDでのレッスンの成果が屋外で発揮できるかどうか?の確認を行いました。確実に以前よりも同調性が高まり集中できています。招呼の課目だけは、以前よりも反応と実行速度が低下していますので楽しく教えていけるようにしましょう。また立止の維持が少し不安定ですので引き続き強化が必要です。


トナ君は、普段と同じように楽しく声がけをしながら課目の動きを確認して頂きました。脚側行進では、遅れるポイントの改善の方法が少し勘違いをしていますので報酬を与えるタイミングを間違えずに正しい動きの際に報酬を与えるようにして下さい。招呼は、まだ反応速度が遅く緩慢ですので改善してください。行進中の伏臥は、ステップアップし過ぎている方法で指示をしていますが、不安から後ろを振り向くような対応をしている限り完成度は向上しませんので取り組み方から見直してください。


モモちゃんは、意欲も安定してきていますし脚側行進の姿勢の維持もできています。報酬のタイミングをずらしながら無理のないステップアップをしていきましょう。課目終了時の脚側停座も現在の方法で正しいポジションで停座を繰り返してください。立止の実行性が低下していますし、方向性が斜めに立つようになっていますので改善していきましょう。


大和君は、FIELDでのトレーニングを屋外の刺激の中でも実行できるかどうか?を確認しました。緊張感が高くトリーツへの反応はありませんでしたが、その分、指導手への意識が高かったことは大きな収穫です。招呼の反応も速いですし全体的な理解も進んでいます。後半は、伏臥の際の臭い嗅ぎがありましたが、現段階では合格点です。但し、刺激に反応した際の指導手の対応が遅く改善できない事が予測されますので指導手の努力が必要となります。


関連記事

  1. P/L:ぼたんちゃん。

  2. P/L:アメリちゃん。

  3. P/L:Beeちゃん

  4. C/L:れいちゃん&てんちゃん。

  5. P/L:獅子君。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:スミレちゃん。

  8. P/L:メアリーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930