P/L:クゥ君

今日のクゥ君のレッスンは、先日のカウンセリング以降の飼い主さんの意識改革による変化や今後のトレーニングの進め方についてのレクチャーとお散歩などの実践トレーニングです。

室内における様々な状況でのコマンドの活用や飼い主さん自身が理解をしているコマンドの意味などを再検証して日常の生活に活かせるようにしていきましょう。今日のレッスンでは、ゲージへの「ハウス」のコマンドに対してのクゥ君の理解と飼い主さんの認識を確認しながら本来の「ハウス」のコマンドはどうあるべきか?をトレーニングの中から再確認して頂きました。

今までは、「ハウス」のコマンドは、トリーツが優先で誘導的なハウスですので、クゥ君がゲージ内に入るとドアで制御されていましたので、ゲージ内に留まるという認識はありませんでした。「ハウス」に限らず、コマンドは出されたコマンドを実行し続けるという事を理解させることが大切ですので「ハウス」の場合は、ドアが開いていてもゲージ内に留まることを「ハウス」というコマンドとして理解させましょう。

今日のレッスンでは、最初にトリーツが出ませんのでストライキが続きましたが、徐々に理解が進み、まずは、入り口で留まり、次に奥のベッドで留まることができていました。後半は、飼い主さんが立っているポジションとゲージとの距離が空いている設定で遠隔でのコマンドも可能になり、許可が出るまで留まれるようになっていましたので、今後もこの習慣を安定させてみて下さい。

お散歩に関しては、課題の強い引き癖に関しては、誘惑の他の犬が居ない事もあり極端な引きは出ませんでしたが、拾い食いの反応が頻繁に出ていますが、その反応に対しての飼い主さんの対応が適切なタイミングでフィードバックされていませんので飼い主さんの観察力や適切なタイミングの理解を体感で理解を深めて下さい。

またお散歩中にアイコンタクトをしてくれないという課題に対しての対応は、お散歩中のヒールポジションのトレーニングと正しい反応を誉めるという飼い主さんの努力と習慣が必要です。特に「誉めるというのは撫でるではありません」ので注意してください。


関連記事

  1. P/L:マル君。

  2. P/L:スフレちゃん。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:ウィル君。

  5. P/L:タンゴ君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:クゥ君

  8. P/L:アメリちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031