P/L:ミーナちゃん&かん太郎君

今日のミーナちゃん&かん太郎君のレッスンは現状の確認と今後の成長に伴う変化に対しての予測や対処についてのレクチャーと実践トレーニングです。

怖がりな性格のかん太郎君も、最近はメンタル的に落ち着きが出てきて色々な刺激にも動じないでゆっくりとしたお散歩もできるようになってきているようです。ミーナちゃんも、前回のレッスンで改善トレーニングを行ったお散歩中の遅れに関しては、改善され飼い主さんの横でお散歩ができるようになってきているようですので飼い主さんの姿勢をミーナちゃんに合わせないように今後も正しいポジションを維持してください。

他の犬に対しての反応は、それぞれが両極端な反応ですので理想的には他の犬を無視してすれ違いが出来る事を目標にしていきますが、一定の挨拶がスムーズにできるようにする事も必要です。

今日はランでの2頭の遊びのコントロールや飼い主さんが1対1でトレーニングができるように1頭は伏せで待機し、もう1頭は飼い主さんとオビディエンストレーニングを行うシチュエーションでの対応を考えてみました。

2頭での遊びのテンションが上がると飼い主さんの制止がきかなくなることもあるようですが、ONとOFFはとても大切ですので、飼い主さんのコマンドがシッカリ伝わるように対応をしていきましょう。

ご自宅でも1対1のトレーニングをされているようですが、1頭を待機させる場合には、クレートでの待機としているようです。クレートでシッカリ待機ができる事もとても大切ですし実践できていることは今後も継続して頂く事として、今回はクレートという動きを制御されるモノが無くオフリードで「伏せ」「Stay」のコマンドのみで、どの程度の待機の意識が維持できているのか?の確認とオビディエンスのコマンドの理解の確認を行いました。

かん太郎君は、飼い主さんのコマンドに対して喜求的に反応できていますし、とても楽しそうに動けています。飼い主さんの誉めるタイミングも上手ですし、かん太郎君の飼い主さんへの集中力も高くアイコンタクトの維持が長くなっています。このトレーニングの際の、ミーナちゃんの待機の姿勢はとても集中できていますし理想的です。

反対に、ミーナちゃんのオビディエンスのトレーニングではミーナちゃんも飼い主さんとの築き上げてきた関係性が、動きや表現力にとても良く表れています。飼い主さんも自信を持ってコマンドを出せていますし、ミーナちゃんもそれに応えています。待機を指示されたかん太郎君は、このミーナちゃんと飼い主さんのトレーニングに、自分も参加しようと待機のコマンドを自主解除してしまいました。この行動に対しての飼い主さんから明確な対応は、これからのかん太郎君の成長段階での自我には、とても重要になりますので遊び感覚にならないように注意をしながら分かり易く対応していきましょう。かん太郎君が、飼い主さんの気持ちを理解する事ができれば、シッカリと待つことができますし、集中力の高い待機の姿勢が維持できます。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

  3. トレーリンググループレッスン。

  4. オビディエンスグループレッスン。

  5. P/L:クー君。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:サニー君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031