P/L:ぼたんちゃん。

今日のぼたんちゃんのレッスンは呼び戻しなどのコマンドを中心にしたオビディエンスコマンドの基礎トレーニングです。

呼び戻し

ボールのレトリーブの際のリターンや単純に何かに気をとられている際に「おいで」で呼び戻す時、または他の犬と遊んでいる際の呼び戻しなど、同じ呼び戻しでも様々ですし、それぞれのトレーニングのレベルも違ってきます。しかし、コマンドの意味は同じですので飼い主さんからのコマンドを無視せずにコマンドの実行性を安定させる必要がありますので、誘惑刺激などが少ない状態から確実にステップアップしていきましょう。

呼び戻しの際の誉めるタイミングは、戻ってきた時ではなく、飼い主さんに向かって走っている最中にシッカリとオーバーアクションで誉めて評価してあげましょう。

実用的なコマンドを理解させる

「お座り」「お手」「おかわり」「伏せ」のようなパターン化されたコマンドではなく「芸」として教える飼い主さんは少なくありません。しかし、実際に様々なシチュエーションで使われるのは「お座り」と「伏せ」が多く、出来ればコマンドに対してスムーズに動いてほしいものです。しかし、上記のパターンで教えていると「お座り」の次が「お手」で理解していますので、すぐに「伏せ」ができません。また「伏せ」だけは中々出来ないので、常にトリーツの誘導で教えてしまう飼い主さんも多く、肝心な時にコマンドのトレーニングが活かせない事なります。実用的なコマンドのトレーニングと理解を深めて誘惑刺激に強い実行性を身につけさせましょう。

脚側停座のポジションも正しい位置を正しい教え方で教えていく必要がありますので、トレーニングの仕方を飼い主さんが習得していきましょう。

苦手だった「待て」も随分安定しましたが、飼い主さんの写真を撮るための「待て」が多くなり表情が明るくならない事がありますので、現段階では必ず待てた事に対しての評価は惜しまずに行いながら写真を撮るとき以外にも同じようなトレーニングで集中力のある「待て」を目指して下さい。

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:ぼたんちゃん。

  2. ノーズワークグループレッスン。

  3. トレーリンググループレッスン。

  4. P/L:凛ちゃん。

  5. P/L:モコちゃん。

  6. ノーズワークグループレッスン ー Open Class -

  7. ノーズワークグループレッスン。

  8. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30