P/L:ルーク君

今日のルーク君のレッスンは、前回のレッスンの復習と日頃の課題についての対応をどのようにすべきか?のレクチャーです。

前回のレッスンでは、飼い主さんからのアテンションコマンドにも反応が低く周りの刺激の方が優先される状況が長く続いていましたが、今回は、前回よりも飼い主さんへの反応も見られ「お座り」のコマンドにも従えるようになっています。

ただ、現在はトリーツが先行しており、ルアーの状態での呼びであったりお座りのコマンドですので、今後は報酬として与えられるようにタイミングなどもステップアップしていきましょう。

「まて」のコマンドも前回よりも集中して飼い主さんを見れるようになっていました。この際もトリーツを持ちながら行うと、トリーツへの意識が高まり動いてしまう傾向が出てしまいます。

距離よりも時間を延ばせるように、これからもトレーニングをしていきましょう。ご自宅では一定のレベルの待てができているようですので、まずはご自宅でのステップアップをしてください。

お散歩中の他の犬への吠えや訪問者に対しての吠えなど、シチュエーションで吠える意味も違います。お散歩中に関しては、あまり他の犬に対しては苦手意識が強いですので、不特定の犬と接触は避けてトレーニングとしての馴致を進めて下さい。訪問者やチャイムに対しての吠えに関しては、禁止コマンドの理解を進めながら、「吠えない」という選択をした場合にはタイミングよくシッカリと誉めれるように飼い主さんの観察力を高めるようにして下さい。


関連記事

  1. トレーリンググループレッスン。

  2. P/L:ブランシュちゃん。

  3. 広島県消防学校救助科特別授業

  4. P/L:ウィル君。

  5. P/L:ウィル君。

  6. P/L:テンちゃん&レイちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:ブランシュちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031