C/L:NICOちゃん

カウンセリングでFIELDにいらしたのは、NICOちゃん(ミニチュアシュナウザー1歳10ヵ月♀)です。現在の課題は、第三者への馴致と呼び戻しというお話でした。具体的に課題の内容をお聞きしたところ、NICOちゃん自身、触られることに対して拒否反応が強く出るようですので、第三者に撫でられても抵抗感が無いようにしたいというご要望です。この拒否反応は、パピー期などにニンゲン側には無意識のうちにNICOちゃんがマイナスのイメージを強く感じるような印象深い事象があり、関連付けられているようですし、ニンゲン側の傍に来ることで、マイナスのイメージの行為(抱っこされる)を行われるために、呼び戻しに対しても拒否したり、戻ってきても一定の距離間から近づいてこなかったりという行動が見られます。

現在の飼い主さんとの関係性においても、どちらかというとNICOちゃんにイニシアティブを握られている状況が見られますので、基本的なコマンドのトレーニングや理解の深め方を再確認しながら進めていく事が課題改善へのサポートになります。

初めての第三者からトリーツを貰う様子を見させて頂くと、このアプローチに関しては大きな問題もなく初めての人から初めて食べるトリーツを躊躇なく食べることができています。

第三者の手が首から背中などに触れられることを極端に嫌いますので、現段階では第三者からの働きかけからスタートするのではなく、飼い主さんであれば対応できる事からイメージの改善トレーニングを進めていくべきです。特に触られたり抱かれたりする行為に対して、NICOちゃんの抵抗感が無いことを確認できた場合でも、今までは誉める事が出来ていなかったようですが、今後は、抵抗感が無いというNICOちゃんの心の動きを、シッカリと誉めて高いモチベーターレベルの報酬との関連付けを行うようにしましょう。

飼い主さんとのコミュニケーションをとることも、課題に対しての対応には必要な要素です。ボールのレトリーブを安定させる為に、ロープなどを使いながら引っ張りっこの楽しさを理解させながら本来のレトリーブへステップアップしてみて下さい。

安定したレトリーブができる可能性は充分に秘めていますので、課題に対してのトレーニング同様に根気強く楽しく進めてみましょう。


関連記事

  1. P/L:ハル君

  2. トレーリンググループレッスン。

  3. P/L:メアリーちゃん。

  4. P/L:ブルース君

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. P/L:クーちゃん

  7. P/L:ルカ君。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28