P/L:たんぽぽちゃん&大和君

今日のたんぽぽちゃんと大和君のレッスンは、FIELDでの基礎トレーニングとオビディエンストレーニングです。

大和君は、「ハウス」のコマンドに対しての理解力も深まり以前よりも躊躇することなくクレートに入れるようになってきています。クレート内での待機の時間も延びてきていますので今後も安定したクレート待機ができるようにトレーニングをしてください。ヒールポジションからの脚側行進の動きに関しては、前回のレッスンでは視線の方向や同調性に課題がありました。

ヒールポジションでの脚側停座が少し崩れている場合もありますので注意をしてみてください。短い距離ながらも正しい姿勢でスタートを切ることができています。集中力が長くありませんので極力短いスパンで意欲の低下と共にレッスンを止めたり、最後にルアーで終わらせることがないように注意をしましょう。

「座れ」「伏せ」「立って」の正しい動きに関しても教えていく必要があります。特に「伏せ」の姿勢は、崩れやすくなっていますので停座からの伏臥の際の動きの理解を安定させていきましょう。

伏臥が崩れると伏臥からの停座がスムーズに動けなくなります。毛量が多い為に後肢の崩れを確認できない状況ですが、今までのルアーでの指示の出し方にも問題がありますので正しい伏臥に誘導できるようにニンゲン側のテクニックを再確認していきましょう。


たんぽぽちゃんは、CDⅠの課目トレーニングです。課目トレーニングの動きそのものよりも、トレーニングを開始する際に指導手からのコマンドよりも自分の興味を優先させる面が強くなっています。脚側停座のコマンドが出たら確実に維持し、解除まで持続できるように注意をしてください。

脚側行進の紐付きと紐なしの差が少しずつ改善は出来ていますが、現在の基礎トレーニングでの誤差ですので、今後のステップアップを進める過程では、今以上に差が生じる場合もあります。それゆえに、最初のスタート際の集中は全ての課目の動きに影響を及ぼしますので自分勝手な行動を許さないようにしていきましょう。

その場での伏臥は、実行性も安定していますので今後も維持してください。立止に関しては、前方に出る癖が改善されていませんでしたので、リードを使い後肢で立止をさせる方法を実践して頂きました。これは、今後も繰り返し行いながら、たんぽぽちゃんの自発性が引き出せるかどうか?を確認しながらステップアップして下さい。


関連記事

  1. P/L:輪太郎君

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. P/L:ハル君

  4. P/L:ブランシュちゃん。

  5. P/L:ハル君

  6. P/L:ミーナちゃん&かん太郎君

  7. P/L:ウィル君。

  8. P/L:ルカ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31