P/L:ウィル君

今朝のウィル君のレッスンは、CDⅡの課目トレーニングです。脚側行進の1歩目の精度が低下しており指導手の観察の基準も不安定でしたので、脚側行進の再確認をしながら改善トレーニングを行いました。このトレーニングを行うと、本来のウィル君の意欲的な脚側行進が戻ってきますが、指導手の報酬の与える位置が正しい位置で与えられていない為に極端に先行してしまう傾向があります。

左側の画像のような先行姿勢での脚側行進は、ターンや左屈折をスムーズに通過できなくなります。報酬を与える位置には、大きな意味がありますので注意をしながらトレーニングをしてください。

脚側行進の位置を指導手が犬を見ずにトレーニングをする際に、あらゆる環境を活用することでトレーニングがスムーズに進みます。例えば、左側の写真は、指導手は正面を向いていますが、ウィル君の位置をハッキリと確認できています。これは、影を見て犬の姿勢を確認できますので誉めるタイミングを間違えることは無くなります。

速歩の場合のウィル君の視線の位置の改善は必要ですし、左屈折の通過の仕方がラフになっていますので基礎に戻って同調性の高い左屈折ができるようにしていきましょう。

自由選択科目はバリエーションを増やしながらも課目の実行性や精度の向上も進めていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:ミーナちゃん&かん太郎君

  4. P/L:ルカ君。

  5. P/L:ブランシュちゃん。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:たんぽぽちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031