P/L:ハル君

今日のハル君のレッスンは、FIELDでのオビディエンストレーニングの基礎レッスンです。特に課目の動きの基礎となる脚側停座の精度を向上させて安定的に同じポジションに停座できるようになる為には、指導手である飼い主さんが、その正しいポジションを理解している必要がります。

トリーツを使いながら脚側停座のポジションを理解させるためにトレーニングをしますが、左右の画像のどちらが正しいのか?と比較をすると、右側の方が良いように思えますが、正しい位置なのか?というと、まだズレています。

正しい位置は、この画像のようにポジショニングできるように教える必要があります。トリーツを使い安易に教えると、安易な場所を覚えます。後で修正しようとしても中々改善できませんので、トリーツを使うルアーで正しい位置を正確に教える技術を身につけましょう。

ほんの少しの誤差は、現在の段階では許容範囲としても構いませんが、最初の2枚の画像では、トリーツを与えずに必ず正しいポジションでトリーツを与えるようにしましょう。そして、1度のコマンドで正しい位置に誘導する習慣を身につけてください。

「ついて」のコマンドは、「指導手の脚側の位置に停座して、指導手へアイコンタクトをし続ける姿勢」ここまでが「ついて」の意味です。まずは環境刺激の少ない場所で正しいポジションを維持を強化して、徐々に環境刺激の中でも姿勢を維持できるようにトレーニングをしていきましょう。この脚側停座の姿勢を前へ進める事が、次の課目の脚側行進になります。


関連記事

  1. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:ミクちゃん。

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. with sarada 150th Yokohama-School

  6. 雪山捜索救助連携訓練。

  7. P/L:ここちゃん。

  8. P/L:マグ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930