P/L:グリ君

今朝のグリ君のレッスンは、お散歩トレーニングと飼い主さんとの関係性を構築する上で必要な対応の仕方やアテンションとアイコンタクトの基礎トレーニングなどを行いました。

前回のレッスンで飼い主さんにお願いしたお散歩のルール作りに関しては、飼い主さん自身の努力が思うようにグリ君に伝わりきれていない面があるようですが、現在取り組んでいる対応を根気強く繰り返すことが、飼い主さんの気持ちをグリ君に伝える為に必要不可欠な事ですので諦めずに継続していきましょう。

まだ今までの自由で前に引きながら歩く癖は残っていますが飼い主さんの指示に対しての反応も出てきていますので飼い主さんに歩調を合わせて歩く場面も出てきています。ただ、課題の改善と現在の過渡期を乗り越える為に必要な要素としてアテンションへの反応の強化が求められます。

何かと「グリ」というアテンションと共に、グリ君にとっては良いイメージの結果が起きていない事が多く、アテンションに対してのイメージが悪いまま過ごしていますので、お散歩の際に名前を呼ばれても反応は非常に弱く、どちらかというと飼い主さんからの声掛けを無視しているように感じます。

改善を進める上で、アテンションと良い結果を結び付ける為に意図的にトリーツを使い反応を強化します。この際に大切なポイントは、ニンゲン側がしゃがまずに立った姿勢でアイコンタクトの姿勢からトリーツを与える事でグリ君の姿勢が自然にお座りの姿勢になるようにする事です。

いつも期待感を持って飼い主さんからのアテンションに素早く反応できるようにトレーニングをしてみて下さい。

課題の1つの他の犬への吠えの改善についてですが、現在の飼い主さんの対応を確認させて頂くと、グリ君の反応にそのまま着いて行っていますので、飼い主さんがシッカリと自分の進む方向を定めて、グリ君の動きに振り回されないように努力する事が必要です。

相手の犬が吠えると、尚更グリ君の我慢も限界に至り吠えてしまうケースになるようですが、事前にコントロールできるようになると、吠えずに通過できる事も今日のレッスンで確認できていますので今後のステップアップを期待します。


関連記事

  1. P/L:たんぽぽちゃん。

  2. P/L:パコ君。

  3. P/L:アメリちゃん。

  4. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  5. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  6. with sarada 136th Yokohama-School

  7. P/L:スピカちゃん

  8. P/L:凜ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031