オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、トナ君・パコ君・モモちゃん・たんぽぽちゃん・レティーちゃん・ウィル君です。

トナ君の脚側停座のコマンドに対しての実行性は以前よりも改善されています。脚側行進のスタートの際の集中は高くないものの、同調性は出てきていますのでスタート時の集中を更に向上させましょう。課目終了時の脚側停座の指導手との距離間は改善していく必要があります。1度のコマンドで正しい位置で停座できるように視符を出して完結させましょう。また紐付き立止の課目の強化は、確実な実行性を目標にしてサポートしながら1度のコマンドで実行できるトレーニングが必要です。


パコ君は、課目のトレーニングの中にも現在の指導手とパコ君の主導権争いによる、やり取りが多くなり、コマンドの実行性や同調性への取り組みに進めない状態です。全体的なコマンドの活用方法やコマンドの意味などを指導手は再確認していきましょう。コマンドを出しても従わないから「イケナイ」という判断は、あまりにも安易ですので自分の出したコマンドをシンプルに実行させることを意識し、実行できていることはタイミング良く誉めて下さい。ただ、誉め言葉が解除と認識されている傾向もありますので、誉め方の工夫も必要です。


モモちゃんは、先行傾向の癖は以前よりも改善されてきていますので、指導手の歩速で上手に調整できるようにして下さい。但し、誘導的な動きにならないように注意がひつようです。復路へのターンのアイコンタクトは、良くなっていますので膨らみが改善されています。課目終了時の脚側停座は、視符を活用して改善をしてください。伏臥の実行性や立止のバタつきなどは、指導手の視線による影響が考えられます。視線の方向を意識したトレーニングをしてみて下さい。


たんぽぽちゃんは、今回よりモチベーターの内容を変更したところ、集中力と意欲が安定してきました。現在の状況を活かして、脚側行進の同調性を強化していきましょう。特に紐無し脚側行進の同調性の強化は急ぐ必要があります。周りの環境に反応しやすい傾向がりますので指導手への集中力の維持を更に強化していけるようにして下さい。


レティーちゃんは、脚側行進の速歩の集中が高くする必要があります。今日のレッスンでは一定の集中を維持できていますし、復路のコーナーの通過の仕方も良くなってきています。課題の行進中の伏臥に関しては、コマンドへの反応速度が良くなっていますが、まだ姿勢の維持に課題は残ります。現在のトレーニングを継続して姿勢の維持の強化をしていきましょう。


ウィル君は、気温が低くなってきたこともあり全体的な集中力が高く動くことができています。所々に、余所見がありますが、自主的に正しい姿勢に戻っていますので更に精度を向上させましょう。また課目終了時の脚側停座が正しい停座位置に停座出来ていませんので改善が必要です。招呼や伏臥の反応速度を向上させるために、ボールを使う場合の使い方なども工夫してトレーニングをしてください。


関連記事

  1. P/L:マー君&ゲイリー君。

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

  4. P/L:アメリちゃん

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. C/L:日向ちゃん。

  7. P/L:いちごちゃん。

  8. P/L:ブランシュちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031