ノーズワークトレーナークラス

本日のトレーナークラスに参加されたのは、ビギナークラスにはヴァイス君・ルイジ君・ディーゴ君、ステップアップクラスにはりんりんちゃん・remo君・トレーナー4名とノーズワークセッションには、アドバンスクラスにの2頭です。

ビギナークラス参加者へのレクチャーは、ノーズワームの説明や嗅覚の素晴らしさなどレクチャーを行うトレーナーのスキルにより多少のバラつきはあるようですが、一定基準のスキルはクリアできるようにしていきましょう。また今日からは、新しくテキストの改訂版でレクチャーを行いましたので少し今までとは違うレクチャーの仕方を求められたと思います。

レクチャーだけではなく過去の動画を見ながら全体的な動きの確認と予測をして頂きました。


今日参加のビギナークラスの犬のタイプは、それぞれですのでテクニカルでは技術を活かすことができるかどうかの良い機会です。

ヴァイス君は、最初のうちは環境に馴れるまでの時間が必要でしたのでハイバリュートリーツに対しても拒否反応を見せていましたが、後半はノーズワークを良く理解できていました。Step1~Step3までのバリエーションもクリアできていました。また次回楽しみましょう。


ルイジ君は、本来の犬種的な特徴を充分に発揮できる最高のトレーニングに出会いました。前半は、本日参加の犬に課題の反応を見せていましたが、後半はかなり高い集中力でハイバリュートリーツを発見していました。動きがパターン化しているようですが、シッカリとセントコーンに反応していましたので、今後の成長と共にノーズワークによるメンタルの成長を期待しております。


ディーゴ君は、極端な怖がりではありますが、精神的な怖がりと経験不足による自信喪失が一番の要因だと思います。特に怖がりだから余計に無理をさせたくないという考え方は分かりますが、無理のないように多くの良い経験を与えることは、最も重要です。その中の1つにノーズワークがあります。最初は、かなり緊張度が高く後肢が引いていましたが後半は少し自信も見えていました。シッポが立つように、また頑張りましょう。


リンリンは、以前よりも自信がついてきたことが良くわかります。臭いの捕り方も上手ですし、丁寧に臭いを捉えようとする動きが、とても分かり易く見てとれます。最後のセッションではインテリアの設定の難易度が上がり過ぎてしまいましたが、本当にめげずにサーチできていました。


remo君は、安定のノーズワークです。ハンドラーの告知の精度も高く、ナチュラルアラートを良く観察できています。インテリアサーチでもセントコーンへの反応も明確ですが窓を開けたりエアコンのルーバーの動きの変化で戸惑う場面もありましたが問題なくサーチができていました。


関連記事

  1. ノーズワークトレーナークラス

  2. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  3. ノーズワークグループレッスン

  4. ノーズワークグループレッスン ― Outdoor Search Ste…

  5. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  6. ノーズワークグループレッスン。

  7. ノーズワークグループレッスン

  8. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930