P/L:サニー君

今日のサニー君のレッスンはお散歩トレーニングです。他の犬や、小さいお子さん、キックボードなどへの吠えの改善を考えながらのトレーニングでしたが、思うように他の犬などに会う機会が少なかったものの、小さいお子さんとの遭遇があり、現在のサニー君の反応を確認することができました。

大きな声を発しながら走る子供には一定の反応はしますが、飼い主さんのコマンドに対しての反応もありますので正しい行動をとれた時にはシッカリと誉めれるようにしていきましょう。他の犬に対してのロックオンの状態では、禁止コマンドで正しくないことを伝えるべきですので、必要以上に声をかけてやり過ごす事よりもシンプルに対応してください。

今まで理解していると思っていたいくつかのコマンドも、環境刺激が強くなると中々実行性が安定せずにすぐに動いてします傾向が強かったり、飼い主さんのコマンドを無視してフリーズする傾向も出ています。

「待て」のコマンドも色々なレベルがありますので、一気にステップアップをせずに失敗をさせないようなトレーニングを組み立てをしていきましょう。「座れ」「伏せ」「待て」はコマンドを持続して姿勢を維持していることを評価しトリーツを与えるように考えましょう。現在進行形の理論を理解した上で、コマンドを解除するという一連の流れを飼い主さんが理解することで確実にサニー君の動きは変わり成長します。


関連記事

  1. P/L:トナ君。

  2. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  3. with sarada 115th Yokohama-School

  4. P/L:ブルース君。

  5. P/L:トナ君。

  6. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  7. P/L:トナ君

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930