ノーズワークトレーナークラス

今日のノーズワークトレーナークラスは、フードステージでのビギナーペアや怖がりタイプのペアのステップアップについての設定やセッションの進め方とベテランペアの新しい環境下でのサーチ能力の確認などについてレクチャーと実践トレーニングを行ないました。

参加されたのは、アルファ君・どんぐり君・リンリンちゃん・楓ちゃん・remo君の4組5頭です。初めての環境下でしたのでペアごとにセッションのレベルを考慮しながら満足と楽しさを提供できるノーズワークとなりました。


アルファ君は、2回目のノーズワークという事やホームグラウンドである事などから当初は興奮度の方が先行してしまい効率の良い嗅覚の活用が出来ていませんでした。アクティブなタイプのビギナーの設定は、この興奮度を集中に変換してあげる必要がありますので、その際の設定についてトレーナー同士で議論し、どのように進めるべきか?を体験して頂きました。後半は、アルファ君のスタート時の集中は非常に高くなり、ラブラドールらしい鼻の使い方で楽しいノーズワークが出来ていました。


どんぐり君は、初めての環境下でしたのでセッション開始前に行ったハイバリューの選択よりも、環境への意識の方が先行していました。これは、とてもシンプルな反応ですので、本来であればハイバリューに集中できる環境のコントロールを優先すべきですので、今後のセッションでは環境のコントロールについての考え方を最優先に考えてあげてみましょう。後半は、落ち着きも出てきておりオブジェクトに対しての躊躇や不安もなく、サーチできていました。今後は集中したスタートのルーティーンができると更に良くなると思います。


リンリンちゃんは、環境の変化には戸惑いもなく、ハイバリューに対しての意欲と集中が感じられました。但し、体調が悪く嗅覚を使えば使うほど、不安定になってしまいましたので残念なセッションでした。特に、BOXの縦方向のStep2の設定では共通して特定できていませんでしたので、体調を改善して次回のセッションを楽しみにしています。

楓ちゃんは、久しぶりのセッションとなりましたがハイバリュートリーツの選択も適切だった事などもあり、非常に集中したサーチが出来ていました。ハンドラーの告知も、安定していますの良いペアになりつつあります。特に環境の変化にも左右されない性質は、今後も大切にして下さい。


remo君は、久しぶりのサーチで尚且つ、新しい環境下でしたが躊躇や不安感もなく素晴らしいサーチが出来ていました。特に難易度の高い設定も難なくクリアできていました。セッション頻度が高かった為に、後半は疲れも出てきたようですが、全力で取り組んだ鼻呼吸の音は、とても心地よい響きでした。


関連記事

  1. P/L:獅子君。

  2. P/L:アルファ君。

  3. ノーズワークパーソナルレッスン

  4. P/L:ローキーちゃん

  5. ノーズワークグループレッスン。

  6. P/L:ミクちゃん。

  7. P/L:パコ君。

  8. オビディエンスグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031