トレーリンググループレッスン

今日のトレーリンググループレッスンに参加して頂いたのは、ミント君(GSP♂)・あやめちゃん(GSP♀)・シオンちゃん(GSP♀)・Ilkaちゃん(ワイマラナー♀)の2組4頭です。

原臭への意識

前回のレッスンから少し期間が空きましたが、それぞれのペアのスタート時の原臭に対しての意識は、とても安定しています。最初のころは、作業自体の意味が良く理解できていなかったペアも確実に臭跡への認識も強まりトレーニングの設定のステップアップも進んでいます。

ハンドラーのリード捌き

ストレスなくスムーズに作業を理解させる為にも、ハンドラーのリードの捌き方がポイントとなります。犬のポジティブ反応とネガティブ反応を確認する意味でもリードの捌き方を覚えていきましょう。

地質の変化と刺激

ハードな地質から土や芝生に変わったり今までの設定と違う環境で行うことで環境刺激に左右される動きが見られます。臭跡への正しい反応なのか?環境刺激に左右されているのか?の判断もできるようにしていきましょう。また捜索作業前のトイレのルーティーンはシッカリと行い、誘惑刺激に左右されないようにする事も大切です。


関連記事

  1. JKC神奈川北スーパードックトレーナーズクラブ クラブ訓練競技会。

  2. P/L:ぼたんちゃん。

  3. P/L:ミクちゃん。

  4. P/L:ルカ君。

  5. P/L:花音ちゃん。

  6. トレーリンググループレッスン。

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. P/L:ルイジ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031