P/L:Mike君。

今朝のMike君のレッスンは、前回のレッスンの後の飼い主さんの対応のMike君の動きの変化とコマンドのステップアップなどのトレーニングです。

前回から取り組んでいただいている紐付きボールでのレトリーブのステップアップに関しては、Mike君が意欲的にボールの引っ張りっこをしたりコマンドに従って動く事ができるかどうか?は飼い主さんの遊び方のテクニックによります。

咥えて引っ張る事を強化するテクニックは少し難しいですがコツを覚えるとすぐにMike君の動きも変わります。リードの範囲内で手を離し飼い主さんは後に離れながら「持ってきて」で持ってこさせて、持って来たら更に引っ張りっこで遊ぶ事を繰り返すと・・・・

咥えたモノを自分のモノのように囲い込んでガジガジせずに飼い主さんの元へ運ぶようになります。これが出来るようになると本来のレトリーブの形までのステップアップもう少しですので、この段階の遊びを楽しく進めて、もう少し遊びたいというMike君の気持ちがあるうちに終了させるようにして下さい。Mike君が飽きてから遊びが終わると、遊びの中でのイニシャチブもMike君になりますので注意しましょう。

「Sit」「Down」「Sit」の連続コマンドに関しても後脚が崩れずにシッカリと飼い主さんへのアイコンタクトをして実践できています。飼い主さんの気持ちの持ち方でMike君の実行性に変化が出ますので、飼い主さんの気持ちの持ち方を安定させて下さい。

「Stay」のステップアップでコマンドを優先させるトレーニングは、「Sta」で「動かずに待ちなさい」という意味で出しているコマンドに対して、逆方向の力を少しだけリードを使い与える事でMike君のコマンドの実行意識の確認ができます。

あまり強く引かずに、逆の力がかかっているのに対してコマンドを実行している事をタイミングよく誉めることを忘れずにトレーニングをしてみて下さい。同じコマンドもバリエーションを変えることで集中力の向上にもつながります。

少しずつ「従う心」の成長も見られますので飼い主さんの安定したメンタルがMike君の行動の安定感には欠かせない要素です。1つ1つの行動には全て意味がありますので、飼い主さんがMike君に合わせるのではなく、Mike君が飼い主さんを意識してコマンドの従い、その行動をタイミングよく誉めれる飼い主さんの観察力の向上を目指してください。


関連記事

  1. P/L:みたらし君&おはぎちゃん&ずんだ君&おかきちゃん。

  2. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  3. P/L:マフィン君。

  4. P/L:獅子君。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. P/L:ブランシュちゃん。

  8. Trailing Dog グループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031